モーニングレクチャー

2017年03月

2017年03月07日(火) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetes in midlife and cognitive change over 20 years: a cohort study.
Author:
Rawlings AM
DATA:
Ann Intern Med. 2014 Dec 2;161(11):785-93. doi: 10.7326/M14-0737.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25437406
Discussion:
糖尿病のコントロールや病歴の長さが認知機能低下の度合を左右する要因となり得る。これは高血糖による血管障害に起因する。
⇒適切な血糖管理が認知機能低下を緩やかにする。
Category:
その他
2017年03月06日(月) 担当:亀田裕介(助教)
Reference:
Title:
Factors Associated with Worsening Proliferative Diabetic Retinopathy in Eyes Treated with Panretinal Photocoagulation or Ranibizumab.
Author:
Bressler SB
DATA:
Ophthalmology. 2017 Feb 1. pii: S0161-6420(16)31179-4. doi: 10.1016/j.ophtha.2016.12.005. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28161147
Discussion:
増殖糖尿病網膜症(PDR)に対して汎網膜光凝固(PRP)と抗VEGF薬であるラニビズマブ硝子体注射治療について、PDRの悪化スピードについて無作為化試験で比較した。結果は、両群共にベースライン時に中心窩を含む黄斑浮腫を認めた場合はレスキューでラニビズマブを投与されているため、これらを除いたサブ解析にてPRP群でラニビズマブ群より有意に悪化の割合が高かった。本研究よりラニビズマブはPRPと比較して少なくとも2年間においてはPRPの代替療法に成り得ると考えられた。
Category:
眼合併症
2017年03月04日(土) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Association Between Inpatient Sleep Loss and Hyperglycemia of Hospitalization.
Author:
DePietro RH
DATA:
Diabetes Care. 2017 Feb;40(2):188-193. doi: 10.2337/dc16-1683. Epub 2016 Nov 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27903614
Discussion:
入院中の糖尿病患者および非糖尿患者において、睡眠時間の短縮も睡眠時間効率の悪化も独立して高血糖及び異常空腹時血糖と関連した。
2017年03月03日(金) 担当:田中伸枝(助教)
Reference:
Title:
Systems Biology-Derived Biomarkers to Predict Progression of Renal Function Decline in Type 2 Diabetes.
Author:
Mayer G
DATA:
Diabetes Care. 2017 Mar;40(3):391-397. doi: 10.2337/dc16-2202. Epub 2017 Jan 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28077457
Discussion:
Biology approach systemを用いて抽出したバイオマーカ―は、糖尿病患者において腎機能低下を予測しうる因子と成り得ることが示唆された。
2017年03月02日(木) 担当:柳澤慶香(講師)
Reference:
Title:
Quantification of the type 2 diabetes risk in women with gestational diabetes: a systematic review and meta-analysis of 95,750 women.
Author:
Rayanagoudar G
DATA:
Diabetologia. 2016 Jul;59(7):1403-11. doi: 10.1007/s00125-016-3927-2. Epub 2016 Apr 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27073002
Discussion:
妊娠糖尿病患者の将来の糖尿病リスクには、妊娠中の高血糖が影響し、母体の体重増加や児体重、母乳には関連がなかった。また、高血圧、早産、妊娠糖尿病診断時期、BMI、人種、家族歴がリスクとなる。
妊娠糖尿病患者の分娩後カウンセリングには、リスクを考慮し個別の対応が必要である。
Category:
妊娠
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ