モーニングレクチャー

2015年03月

2015年03月31日(火) 担当:菊地俊介(後期研修医)
Reference:
Title:
Prevalence of detectable C-Peptide according to age at diagnosis and duration of type 1 diabetes.
Author:
Davis AK
DATA:
Diabetes Care. 2015 Mar;38(3):476-81. doi: 10.2337/dc14-1952. Epub 2014 Dec 17.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25519448
Discussion:
偽陰性、偽陽性も考慮すると、羅病期間3年以上のT1DM群において、40%近くがCPR残存している可能性がある。
T1DMの小児発症と成人発症では生物学的プロセスが違うかもしれない。
Category:
2015年03月30日(月) 担当:岡本(前期研修医)
Reference:
Title:
Residual β-Cell Function and the Insulin-Like Growth Factor System in Danish Children and Adolescents With Type 1 Diabetes.
Author:
Sorensen JS
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2015 Mar;100(3):1053-61. doi: 10.1210/jc.2014-3521. Epub 2014 Dec 22.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25532040
Discussion:
・思春期かどうかに関わらず、小児においても1型糖尿病はIGF調節機構の異常に関連している。
・膵β細胞の残存機能とIGF関連蛋白の正常化との関連性は思春期前期のみに認められたが、これは思春期に認められるGHサージがインスリンによるIGFの調節を上まわることが推測される。
Category:
2015年03月28日(土) 担当:永島(前期研修医)
Reference:
Title:
Effects of low frequency filtering on distal compound muscle action potential duration for diagnosis of CIDP: A Japanese-European multicenter prospective study.
Author:
Mitsuma S
DATA:
Clin Neurophysiol. 2014 Dec 27. pii: S1388-2457(14)00847-5. doi: 10.1016/j.clinph.2014.11.027. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25591830
Discussion:
Category:
2015年03月27日(金) 担当:栗田守敏(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of Low Blood Pressure in Cognitively Impaired Elderly Patients Treated With Antihypertensive Drugs
Author:
Enrico Mossello
DATA:
JAMA online March 2 2015
Abstract:
Discussion:
・降圧薬:治療中の高齢認知症患者においては日中のSBP低値が認知機能悪化に関連していた。
・過度の降圧は認知機能障害のある高齢者には有害であるかもしれない。
・ABPMの実施が認知機能悪化を防ぐために有用である可能性が示唆された。
Category:
2015年03月26日(木) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
HDL cholesterol and cancer risk among patients with type 2 diabetes.
Author:
Zhao W
DATA:
Diabetes Care. 2014 Dec;37(12):3196-203. doi: 10.2337/dc14-0523. Epub 2014 Sep 11.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25216507
Discussion:
2型糖尿病患者の男女共に逆相関関係がある。
また、主要な交絡因子を調整した後もこの関連は変わらなかった。
HDL-コレステロールと癌発生リスクとの間になぜ逆相関を示すか完全には解明されていないが、
・癌は前炎症状態であり、HDL-コレステロールは抗炎症作用を持つためこのような関係となる可能性。
・2型糖尿病患者であること自体が酸化を促し、それがHDL-コレステロールの酸化を促すことで癌の進行につながる可能性がある。
しかし、明らかではなく今後の研究に期待される。
Category: