モーニングレクチャー
眼合併症
2019年05月13日(月) 担当:鈴木裕太(助教)
Reference:
Title:
Spatial distribution of early red lesions is a risk factor for development of vision-threatening diabetic retinopathy.
Author:
Ometto G
DATA:
Diabetologia. 2017 Dec;60(12):2361-2367. doi: 10.1007/s00125-017-4424-y. Epub 2017 Sep 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28884200
Discussion:

重症糖尿病性網膜症へ進行する可能性が高い初期病変は中心窩耳側領域で、この部位に病変を認めると重症化リスクが 39.5 % 高かった。

Category:
眼合併症
2019年04月15日(月) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
Plasma Vascular Endothelial Growth Factor Concentrations after Intravitreous Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Therapy for Diabetic Macular Edema.
Author:
Jampol LM
DATA:
Ophthalmology. 2018 Jul;125(7):1054-1063. doi: 10.1016/j.ophtha.2018.01.019. Epub 2018 Mar 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29525602
Discussion:
  • 糖尿病黄斑浮腫に対する抗 VEGF 薬(アフリベルセプト ベバシズマブ ラニビズマブ)硝子体注射後の血中 VEGF 濃度を評価する。
  • 4 週の  aflibercept と bevacizumab VEGF 濃度は ranibizumab に比べ低下。
  • 52 週・102 週の bevacizumab VEGF 濃度は ranibizumab に比べ低下。
  • 採血 1 ~ 2 ヶ月以内に硝子体注射をしていない群では VEGF 濃度は差がない。
  • 血中の抗 VEGF 薬の存在が遊離 VEGF 測定精度に影響しているのか、薬剤が血中から排泄された結果 VEGF 測定に正常値に戻るか、秩序は不明。
  • VEGF 濃度と全身因子との関連はなかった。
Category:
眼合併症
2019年04月01日(月) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Changes in the quality of diabetes care in Japan between 2007 and 2015: A repeated cross-sectional study using claims data.
Author:
Tanaka H
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2019 Mar;149:188-199. doi: 10.1016/j.diabres.2019.02.001. Epub 2019 Feb 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30742858
Discussion:

レセプトデータを用いた連続横断調査によってわが国における糖尿病診療の質を検証した結果,血液検査に比べて網膜症や腎症などの合併症スクリーニングが十分行われておらず,最近においても改善されていないことが示された.

2019年03月30日(土) 担当:東 晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Statin Therapy With Prevention of Vision-Threatening Diabetic Retinopathy.
Author:
Kang EY
DATA:
JAMA Ophthalmol. 2019 Jan 10. doi: 10.1001/jamaophthalmol.2018.6399. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30629109
Discussion:
スタチン治療により、脂質異常症を合併した2型糖尿病患者において、網膜症の進行を抑えることが出来る。
2019年03月25日(月) 担当:北野滋彦(教授)
Reference:
Title:
QUANTIFICATION OF RETINAL CAPILLARY NONPERFUSION IN DIABETICS USING WIDE-FIELD OPTICAL COHERENCE TOMOGRAPHY ANGIOGRAPHY.
Author:
Alibhai AY
DATA:
Retina. 2018 Dec 18. doi: 10.1097/IAE.0000000000002403. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30576300
Discussion:
網膜症を認めないまたは異なる網膜症病期の糖尿病患者6973眼を対象に12mmX12mm広角OCTアンギオグラフィーで後極部の無潅流領域を解析した。無潅流領域は、網膜症なしで0.1%、非増殖で2.1%、増殖で8.5%と有意に拡大した。広角OCTアンギオグラフィーによる定量的評価は、糖尿病患者において、早期の網膜症の同定と進行を推定できる可能性がある。
Category:
眼合併症