モーニングレクチャー
眼合併症
2018年11月22日(木) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
Retinal Vessel Diameter Changes in Relation to Dark Adaptation and Acute Hyperglycemia.
Author:
Kappelgaard P
DATA:
J Ophthalmol. 2018 Sep 18;2018:7064359. doi: 10.1155/2018/7064359. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30319819
Discussion:
  • 同条件の暗順応下では、食後高血糖時に比べて空腹時で網膜血管がより拡張する。
  • 2 型糖尿病患者での暗所と空腹は網膜血管の拡張を関連する。
  • 血管拡張をいう刺激が網膜血管の灌流亢進を誘導し、網膜症の悪化につながるのかもしれない。
2018年11月21日(水) 担当:鈴木裕太(助教)
Reference:
Title:
Impact of Cataract Surgery during Treatment with Ranibizumab in Patients with Diabetic Macular Edema
Author:
Andrew A. Moshfeghi,MD
DATA:
February 2018Volume 2, Issue 2, Pages 86–90. DOI: https://doi.org/10.1016/j.oret.2017.05.003
Abstract:
https://www.ophthalmologyretina.org/article/S2468-6530(17)30243-9/fulltext
Discussion:
  • 白内障手術を行った DME に対する ラ ニビズマブ 治療中の患者において、平均して 2 lines の視力上昇が術後 1 M で見られた。
  • ラ ニビズマブ注射群とシャム群において白内障進行における有意差は見られなかった。
Category:
眼合併症
2018年11月13日(火) 担当:飛松唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Posterior subtenon infusion of triamcinolone acetonide as adjunctive treatment to panretinal photocoagulation using pattern scan laser for diabetic retinopathy.
Author:
Yamada Y
DATA:
Jpn J Ophthalmol. 2018 Nov;62(6):686-692. doi: 10.1007/s10384-018-0628-z. Epub 2018 Oct 17.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30328560
Discussion:
PRT に STTA を併用すことは黄斑浮腫の悪化を予防することだけでなく、PRP の後に中心窩網膜厚および AFI を減少させる可能性がある。
Category:
眼合併症
2018年11月09日(金) 担当:秋山彩香(後期研修医)
Reference:
Title:
Combined effect of glycemic and blood pressure control on diabetic retinopathy among Chinese with type-2 diabetes mellitus.
Author:
Pan CW
DATA:
Diabetol Metab Syndr. 2018 Oct 1;10:73. doi: 10.1186/s13098-018-0377-7. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30302129
Discussion:
HbA1C または血圧のどちらかのみを低下させることは DR の有意な減少に関連しませんが、2つの低下を組み合わせることは、DR の可能性を 43 % 低下させることを実証しました。
標準療法の目標値よりも低く収縮期血圧、HbA1Cを降下させることは、T2DM 患者における DR び罹患率の低下と有意に関連していました。
継続的に糖尿病と血糖、血圧の関連性についてさらに調査する必要があります。
2018年11月08日(木) 担当:佐伯忠賜朗(講師)
Reference:
Title:
Preoperative Timing of Intravitreal Bevacizumab Injection for Proliferative Diabetic Retinopathy Patients.
Author:
Feng J
DATA:
Ophthalmic Res. 2018 Oct 31:1-8. doi: 10.1159/000493640. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30380554
Discussion:

増殖糖尿病網膜症の手術治療前に抗VEGFBevacizumab を硝子体内投与することで、眼内の VEGF 濃度が大きく減少し、術中術後の出血軽減や手術時間短縮などの点で有効であることが再確認された。

マルチプレックスビーズアッセイ法による房水中の炎症性サイトカイン測定によって、眼内 VEGF 濃度が少なくとも Bevacizumab 投与後5日目までの有意に減少することが証明された。

一方摘出増殖組織の免疫蛍光染色によって、眼内の線維性増殖組織の顕著な増加が投与後 21 日目以降に見られることが示された。

これらを踏まえると術前の Bevacizumab 硝子体内投与は、手術前 7 日以内に施行することが推奨される。

Category:
眼合併症