モーニングレクチャー
眼合併症
2018年05月23日(水) 担当:鈴木裕太(後期研修医)
Reference:
Title:
INTEGRITY OF OUTER RETINAL LAYERS AFTER RESOLUTION OF CENTRAL INVOLVED DIABETIC MACULAR EDEMA.
Author:
Muftuoglu IK
DATA:
Retina. 2017 Nov;37(11):2015-2024. doi: 10.1097/IAE.0000000000001459.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28092342
Discussion:
・網膜外層は DME 改善後も障害され続けている可能性がある。
・DME 時に網膜外層の障害および視力低下を有する血糖コントロール不良の糖尿病患者の際には、DME が例え治療後改善しても視力障害を有する可能性がある。
Category:
眼合併症
2018年04月05日(木) 担当:飛松唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Vitreous IL-8 and VEGF levels in diabetic macular edema with or without subretinal fluid.
Author:
Yenihayat F
DATA:
Int Ophthalmol. 2018 Mar 9. doi: 10.1007/s10792-018-0874-6. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29524030
Discussion:
硝子体中 IL-8 濃度は SRF を含まない DME 患者よりも SRF を含む DME 患者で高く、炎症が DM 患者の SRF 形成の進行における重要な要因であることを示唆している。
Category:
眼合併症
2018年03月29日(木) 担当:佐伯忠賜朗(講師)
Reference:
Title:
Visual Outcomes Based on Early Response to Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Treatment for Diabetic Macular Edema.
Author:
Koyanagi Y
DATA:
Ophthalmologica. 2018;239(2-3):94-102. doi: 10.1159/000481711. Epub 2018 Jan 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29316563
Discussion:

糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF薬治療に関して、投与開始後3 ヶ月間の視力変化量(ΔBCVAM3 )で12 ヶ月間の視力変化量を予測できることが示唆され、治療継続要否を判断する一助となる可能性が示された。

Category:
眼合併症
2018年03月01日(木) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
High-Dose Decanted Triamcinolone for Treatment-Resistant Persistent Macular Edema.
Author:
Muftuoglu IK
DATA:
Ophthalmic Surg Lasers Imaging Retina. 2017 Sep 1;48(9):717-726. doi: 10.3928/23258160-20170829-06.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28902332
Discussion:
HD - IVTA の単回注射は、6 ヶ月にわたる長期の黄斑浮腫改善効果を期待できる。
Category:
眼合併症
2018年02月28日(水) 担当:鈴木裕太(後期研修医)
Reference:
Title:
Early worsening of diabetic retinopathy in the Diabetes Control and Complications Trial.
Author:
The Diabetes Control and Complications Trial Research Group
DATA:
Arch Ophthalmol. 1998 Jul;116(7):874-86.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9682700
Discussion:
強化療法群での早期悪化は 13.1 % と、従来療法群の 7.6 % より高頻度であった( p < 0.001 )。
Category:
眼合併症