モーニングレクチャー
眼合併症
2018年06月29日(金) 担当:大島莉瑛(前期研修医)
Reference:
Title:
Diet soft drink is associated with increased odds of proliferative diabetic retinopathy.
Author:
Fenwick EK
DATA:
Clin Exp Ophthalmol. 2018 Jan 23. doi: 10.1111/ceo.13154. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29360260
Discussion:
  • 消費量が週に 4 缶以上のダイエットソフトドリンクは、糖尿病患者において、増殖性網膜症のリスクが 2 倍以上になる。
  • しかし、そのメカニズムを解明するにはさらに研究が必要である。
Category:
食事療法眼合併症
2018年06月25日(月) 担当:北野滋彦(教授)
Reference:
Title:
Guidelines on Diabetic Eye Care. The International Council of Ophthalmology Recommendations for Screening, Follow-up, Referral, and Treatment Based on Resource Settings.
Author:
Wong TY
DATA:
Ophthalmology. 2018 May 24. pii: S0161-6420(17)33523-6. doi: 10.1016/j.ophtha.2018.04.007. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29776671
Discussion:

国際眼会議において、糖尿病網膜症国際病期分類に基づく糖尿病アイケアのガイドラインが作成された。

Category:
眼合併症
2018年06月22日(金) 担当:秋山彩香(後期研修医)
Reference:
Title:
Analysis of Changes in Retinal Thickness in Type 2 Diabetes without Diabetic Retinopathy.
Author:
Jiang J
DATA:
J Diabetes Res. 2018 Feb 25;2018:3082893. doi: 10.1155/2018/3082893. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29682578
Discussion:
  • DM の血管障害は DR の初期段階で起こり得る
  • 中心窩は錐体細胞の密度が高いため代謝需要が大きい
  • 耳側領域は最も網膜厚が薄い
  • 構造的特徴により中心窩と耳側領域は微少血管障害、虚血性変化に対して感受性が高い
  • HbA1c が酸素分子と結合するために、神経節細胞と軸索細胞を低酸素にし、アポトーシスさせている
Category:
眼合併症
2018年06月19日(火) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
THREE-YEAR OUTCOMES IN A RANDOMIZED SINGLE-BLIND CONTROLLED TRIAL OF INTRAVITREAL RANIBIZUMAB AND ORAL SUPPLEMENTATION WITH DOCOSAHEXAENOIC ACID AND ANTIOXIDANTS FOR DIABETIC MACULAR EDEMA.
Author:
Lafuente M
DATA:
Retina. 2018 Feb 22. doi: 10.1097/IAE.0000000000002114. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29474306
Discussion:

ranibizumab硝子体注射にDHAサプリメント経口投与を追加すると,単独注射に比べて3年後の傍中心窩網膜厚の改善に効果があった.

 

Category:
眼合併症
2018年06月01日(金) 担当:西島嵩敬 (後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetics Retinopathy Knowledge and Awareness Assessment among the Type 2 Diabetics.
Author:
Almalki NR
DATA:
Open Access Maced J Med Sci. 2018 Mar 9;6(3):574-577. doi: 10.3889/oamjms.2018.121. eCollection 2018 Mar 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29610623
Discussion:

スクリーニングしたT2D患者のほぼ3分の2は、良好なRDに関して良好な知識を持っていると考えられた。良好な知識を持っていた群は、より長期のT2D罹患期間があり、大学学士程度の学歴を持つ傾向があった。また、HbA1cのコントールとは優位には関係なかった。

Category:
眼合併症