モーニングレクチャー
眼合併症
2019年11月11日(月) 担当:石川 邦裕(後期研修医)
Reference:
Title:
Arteriosclerotic Changes after Intravitreal Injections of Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Drugs in Patients with Exudative Age-Related Macular Degeneration.
Author:
Shiba T
DATA:
Ophthalmologica. 2016;235(4):225-32. doi: 10.1159/000445388. Epub 2016 Apr 16.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27082736
Discussion:
抗VEGF薬硝子体内投与回数の増加に伴い、CAVI、IMT、シスタチンCは低下した。滲出性加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬硝子体内投与は動脈硬化を進行させないことが示唆された。
Category:
眼合併症
2019年10月28日(月) 担当:鈴木 裕太(助教)
Reference:
Title:
Risk Factors of Neovascular Glaucoma After 25-gauge Vitrectomy for Proliferative Diabetic Retinopathy with Vitreous Hemorrhage: A Retrospective Multicenter Study.
Author:
Takayama K
DATA:
Sci Rep. 2019 Oct 16;9(1):14858. doi: 10.1038/s41598-019-51411-6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31619708
Discussion:
  • 硝子体出欠を伴う増殖糖尿病網膜症に対する 25G 硝子体手術後に 9.3 % の患者が 1 年以内に新生血管緑内障に至った。
  • 若い患者、PRP なし、血糖コントロール不良、術後 VH が予測因子であった。
  • 新生血管緑内障を発生させないためには内科医と眼科医の連携が必要である。
Category:
眼合併症
2019年10月08日(火) 担当:関本 香織(助教)
Reference:
Title:
Life Style Intervention Improves Retinopathy Status-The Finnish Diabetes Prevention Study.
Author:
Aro A
DATA:
Nutrients. 2019 Jul 23;11(7). pii: E1691. doi: 10.3390/nu11071691.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31340493
Discussion:
  • 早期の生活習慣への介入が糖尿病網膜症の発症に良い効果をもたらすかを評価、初期の網膜変化と関連する因子を調査した。
  • 結論:血清トリグリセリド値の上昇は、初期の糖尿病細小血管症の進行と関連する。
Category:
眼合併症
2019年08月15日(木) 担当:佐伯 忠賜朗(講師)
Reference:
Title:
Validation of automated screening for referable diabetic retinopathy with the IDx-DR device in the Hoorn Diabetes Care System.
Author:
van der Heijden AA
DATA:
Acta Ophthalmol. 2018 Feb;96(1):63-68. doi: 10.1111/aos.13613. Epub 2017 Nov 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29178249
Discussion:
IDx-DRによる糖尿病網膜症自動診断は、中等度以上の糖尿病網膜症referable diabetic retinopathy = moderate diabetic retinopathy (MDR)+vision‐threatening diabetic retinopathy (VTDR)の診断に関しては感度、特異度が十分高くプライマリケアに有用との結果が示されたが、MDRとVTDRの区別など重症度分類に関しては未だ課題が残る。画質不十分で判定不能例があったり、準拠する診断基準(ICDR or EURODIAB)によって感度が異なったり、網膜症専門家の判定との食い違いも生じたりするなど課題も残っている。また今回の結果はmoderate DR以上のRDR(moderate DR+VTDR)およびVTDRを検出したものであり、現バージョンのIDx-DRは網膜症無しと軽い網膜症(mild DR)とは識別できない。

結論:((2018年FDAからAIによる糖尿病網膜症自動診断を認可された))IDx-DRは、中等度以上の糖尿病網膜症自動検出に関してプライマリケアに有用であり、眼科医の不足を軽減する。
Category:
眼合併症
2019年08月08日(木) 担当:鈴木 裕太(助教)
Reference:
Title:
Frequency and Risk Factors for Neovascular Glaucoma After Vitrectomy in Eyes with Diabetic Retinopathy: An Observational Study.
Author:
Liang X
DATA:
Diabetes Ther. 2019 Jul 18. doi: 10.1007/s13300-019-0644-0. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31321746
Discussion:
血糖コントロールが不良である重傷糖尿病網膜症や静脈閉塞症に対する術前眼圧の高い硝子体手術の際には、術後新生血管緑内障を生じる可能性がある。
Category:
眼合併症
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ