モーニングレクチャー

2018年02月

2018年02月03日(土) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Effects of Preceding Ethanol Intake on Glucose Response to Low-Dose Glucagon in Individuals With Type 1 Diabetes: A Randomized, Placebo-Controlled, Crossover Study.
Author:
Ranjan A
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan 22. pii: dc171458. doi: 10.2337/dc17-1458. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29358493
Discussion:
グルカゴンに対する血糖上昇の効果は、エタノール摂取 8 - 9 時間後に低下する傾向があることがわかった。
2018年02月02日(金) 担当:内田明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Maternal obesity as a risk factor for early childhood type 1 diabetes: a nationwide, prospective, population-based case-control study.
Author:
Lindell N
DATA:
Diabetologia. 2018 Jan;61(1):130-137. doi: 10.1007/s00125-017-4481-2. Epub 2017 Nov 2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29098322
Discussion:
母親の肥満は、母親の非糖尿病の場合、子供の 1 型糖尿病の危険因子であり、また 1 型糖尿病の発症年齢に影響を及ぼす。 1 型糖尿病の発症率を滞在的に低下させるために、正常な母体 BMI が重要である。
Category:
1型糖尿病妊娠
2018年02月01日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Low-grade Inflammatory Marker Profile May Help to Differentiate Patients With LADA, Classic Adult-Onset Type 1 and Type 2 Diabetes.
Author:
Castelblanco E
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan 22. pii: dc171662. doi: 10.2337/dc17-1662. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29358494
Discussion:
成人病発症の 1 型糖尿病、LADA 、2 型糖尿病間で、炎症性バイオマーカ―の差を検討した。1 つのバイオマーカのみで、3 群間の病型の判別は困難であったが、従来のリスクファクターを組み合わせるとより病型を区別しやすくなると考えられた。 
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ