モーニングレクチャー

2017年11月

2017年11月16日(木) 担当:武島聡史(前期研修医)
Reference:
Title:
Sleep duration and progression to diabetes in people with prediabetes defined by HbA1c concentration.
Author:
Kim CW
DATA:
Diabet Med. 2017 Nov;34(11):1591-1598. doi: 10.1111/dme.13432. Epub 2017 Aug 14.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28734090
Discussion:
若年、中年の前糖尿病患者における、この大規模研究で、我々は睡眠時間と糖尿病への進行リスクの関係性を発見した。
この発見は、十分な睡眠時間が前糖尿病が糖尿病に進行するのを遅らせたり、防ぐのに重要であるということを示唆している。
Category:
食事療法
2017年11月15日(水) 担当:鈴木裕太(後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetic Retinopathy: A Position Statement by the American Diabetes Association.
Author:
Solomon SD
DATA:
Diabetes Care. 2017 Mar;40(3):412-418. doi: 10.2337/dc16-2641.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28223445
Discussion:
・この 15 年で OCT、optos、Angio OCT など検査の普及、また抗 VEGF 治療など 2002 年とは大きく様変わりした
・しかし 抗 VEGF 薬は有効でありつつも費用面のことから今後も使用に関しては検討が必要である
Category:
眼合併症
2017年11月14日(火) 担当:松尾純治(後期研修医)
Reference:
Title:
The Association of Severe Hypoglycemia With Incident Cardiovascular Events and Mortality in Adults With Type 2 Diabetes.
Author:
Lee AK
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov 10. pii: dc171669. doi: 10.2337/dc17-1669. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29127240
Discussion:
重症低血糖は心血管イベント、死亡との関連がある。
2017年11月13日(月) 担当:岩﨑直子(准教授)
Reference:
Title:
Population-Based Assessment of a Biomarker-Based Screening Pathway to Aid Diagnosis of Monogenic Diabetes in Young-Onset Patients.
Author:
Shields BM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1017-1025. doi: 10.2337/dc17-0224.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28701371
Discussion:

Monogenic diabetes(単一遺伝子異常による糖尿病)は、しばしば誤ってT 1 DMと診断されているため、遺伝子診断に適した患者のスクリーニング法が必要である。3 段階方式のスクリーニング:1 ) 内因性インスリン分泌能評価においてUCPCR 0.2 nmol/mmol ならば、2 ) GAD/IA2を測定し、共に陰性の場合、3 ) MODY1, MODY2, MODY5の遺伝子解析を実施。この方法によって 30 未満で診断された糖尿病患者 1407 名中の 3.6 %の 51名 で変異を検出した。陽性的中率( PPV )20%、陰性的中率( NPV ) 99.9 %で有用と考えられる。

Category:
その他
2017年11月11日(土) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Renal Protective Effect of DPP-4 Inhibitors in Type 2 Diabetes Mellitus Patients: A Cohort Study.
Author:
Kim YG
DATA:
J Diabetes Res. 2016;2016:1423191. doi: 10.1155/2016/1423191. Epub 2016 Dec 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28119930
Discussion:
・2 型糖尿病患者における DPP- 4 阻害薬の使用がアルブミン尿減少や eGFR 低下速度軽減に働き糖尿病性腎症を改善し得る可能性が示唆された。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ