モーニングレクチャー

2017年11月

2017年11月29日(水) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
A randomized pilot study comparing zero-calorie alternate-day fasting to daily caloric restriction in adults with obesity.
Author:
Catenacci VA
DATA:
Obesity (Silver Spring). 2016 Sep;24(9):1874-83. doi: 10.1002/oby.21581.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27569118
Discussion:
8 週間のゼロカロリー ADF は安全で許容可能であることを示唆した。
ADF 介入後はカロリー制限食介入後と同様の結果を得た。
ADF は肥満治療のための治療として今後期待される。

Category:
肥満食事療法
2017年11月28日(火) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Associations between birthweight, gestational age at birth and subsequent type 1 diabetes in children under 12: a retrospective cohort study in England, 1998-2012.
Author:
Goldacre RR
DATA:
Diabetologia. 2017 Nov 11. doi: 10.1007/s00125-017-4493-y. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29128935
Discussion:
England の約 400 万人の大規模出生コホートにおいて、早産・後期早産と在胎週数からみた高出生時体重は 1 型糖尿病発症と有意に関連していた。
2017年11月25日(土) 担当:松本諭(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Liraglutide Treatment on Prediabetes and Overweight or Obesity in Clozapine- or Olanzapine-Treated Patients With Schizophrenia Spectrum Disorder: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Larsen JR
DATA:
JAMA Psychiatry. 2017 Jul 1;74(7):719-728. doi: 10.1001/jamapsychiatry.2017.1220.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28601891
Discussion:
オランザピン、またはクエチアピン使用者で耐糖能異常がある場合、GLP-1 作動薬が心血管系イベント抑制につながる可能性が示された。
Category:
2型糖尿病その他
2017年11月23日(木) 担当:
Reference:
Title:
祝日の為ありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2017年11月22日(水) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Effects of Anacetrapib in Patients with Atherosclerotic Vascular Disease.
Author:
Bowman L,
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1217-1227. doi: 10.1056/NEJMoa1706444. Epub 2017 Aug 28.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28847206
Discussion:
心血管病既往があり、スタチン使用下で十分な LDLC 管理がついている患者において、CETP 阻害薬である anacet rapib はプラセボと比較し、主要冠疾患の発生を有意に抑制した。