モーニングレクチャー

2016年04月

2016年04月09日(土) 担当:瀧澤美保(助教)
Reference:
Title:
An Inverse Relationship Between Age of Type 2 Diabetes Onset and Complication Risk and Mortality: The Impact of Youth-Onset Type 2 Diabetes.
Author:
Al-Saeed AH
DATA:
Diabetes Care. 2016 Mar 22. pii: dc150991.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27006511
Discussion:
典型的な中年以降発症のT2DMに比べ、若年発症T2DMは神経・腎合併症のリスクが高く、標準化死亡比も高い。若年発症T2DMに対し、よりfocusをおいた介入・治療が重要となるだろう。
Category:
2016年04月08日(金) 担当:堀場悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Depressive Symptoms During Adolescence and Young Adulthood and the Development of Type 2 Diabetes Mellitus.
Author:
Suglia SF
DATA:
Am J Epidemiol. 2016 Feb 15;183(4):269-76. doi: 10.1093/aje/kwv149. Epub 2016 Feb 1.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26838597
Discussion:
思春期~若年成人期の抑うつ症状はT2DMリスクを高める。
Category:
2016年04月07日(木) 担当:尾形真規子(講師)
Reference:
Title:
Maternal gestational vitamin D supplementation and offspring bone health (MAVIDOS): a multicentre, double-blind, randomised placebo-controlled trial.
Author:
Cooper C
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2016 Mar 1. pii: S2213-8587(16)00044-9. doi: 10.1016/S2213-8587(16)00044-9.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26944421
Discussion:
①Cholecalci ferol 補充の有無で児の骨ミネラル量は変わらなかった。
しかし、血中ビタミンDが低い季節では有意に高く、低値例での補充は意味があるかもしれない。
②母体のビタミンD不足は児の多発性硬化症のリスクを上げる。25[OH]Dが4.01mg/ml上がるごとに43%↓しかし、12.02~20.0、20.0mg/ml以上群では有意ではない。やはり不足を補充する意味はあるが、あまり高くする必要はないのであろう。
Category:
2016年04月06日(水) 担当:森友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Vitamin D deficiency and related risk factors in patients with diabetic nephropathy.
Author:
Xiao X
DATA:
J Int Med Res. 2016 Mar 4. pii: 0300060515593765.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26944386
Discussion:
Vit.D欠乏症はDM性腎症が進行した患者でよくみられる。年齢、肥満、HbA1c、腎は糖性腎にお25(OH)D欠乏症に影響を与える。DM性腎症の進行を予測因子である。
Category:
2016年04月05日(火) 担当:田内恵理子(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Insulin Glargine Up-titration vs Insulin Degludec/Liraglutide on Glycated Hemoglobin Levels in Patients With Uncontrolled Type 2 Diabetes: The DUAL V Randomized Clinical Trial.
Author:
Lingvay I,
DATA:
JAMA. 2016 Mar 1;315(9):898-907. doi: 10.1001/jama.2016.1252.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26934259
Discussion:
グラルギンとメトホルミンで治療されていたコントロール不良なType2DM患者において、デグルデク/リラグルチドによる治療はグラルギン増と比HbA1c低下効果が非劣性であるという結果となり、二次解析で26W後のHbA1cが有意に低下することが示唆された。
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ