モーニングレクチャー

2015年01月

2015年01月08日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Sex differences in lifetime risk and first manifestation of cardiovascular disease: prospective population based cohort study.
Author:
Leening MJ
DATA:
BMJ. 2014 Nov 17;349:g5992. doi: 10.1136/bmj.g5992.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25403476
Discussion:
55才時の心血管疾患の生涯リスクは男女ともに同様であったが、はじめに発症する疾患には大きく差があった。
男性では冠動脈疾患、女性では脳血管疾患と心不全が多かった。
Category:
2015年01月07日(水) 担当:高﨑圭子(後期研修医)
Reference:
Title:
The Influence of New European Union Driver's License Legislation on Reporting of Severe Hypoglycemia by Patients With Type 1 Diabetes.
Author:
Pedersen-Bjergaard U
DATA:
Diabetes Care. 2015 Jan;38(1):29-33. doi: 10.2337/dc14-1417. Epub 2014 Oct 6.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25288675
Discussion:
厳格な規制実施が、低血糖の申告を減少し交通安全をおびやかすかもしれない。
Category:
2015年01月06日(火) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Fear of hypoglycemia: relationship to hypoglycemic risk and psychological factors.
Author:
Anderbro T
DATA:
Acta Diabetol. 2014 Dec 21. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25528005
Discussion:
低BSに対する不安が高いのか低いのか、それで実際に重症低BSをおこすのかによって医療者がアプローチすべき手段が異なる。
FOHには実際の低BSの既往のみならず、一般的な不安のスコアも関連していた。
Category:
2015年01月05日(月) 担当:北野滋彦(教授)
Reference:
Title:
The Effects of Medical Management on the Progression of Diabetic Retinopathy in Persons with Type 2 Diabetes: The Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes (ACCORD) Eye Study.
Author:
Chew EY
DATA:
Ophthalmology. 2014 Dec;121(12):2443-51. doi: 10.1016/j.ophtha.2014.07.019. Epub 2014 Aug 29.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25172198
Discussion:
ACCORD EYE STUDYにおいて、血糖の強化療法群およびフェノフィブラートによる脂質異常是非群で糖尿病網膜症の進行が抑制されることが観察され、この効果は軽症な糖尿病網膜症において顕著であった。
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ