モーニングレクチャー
その他合併症
2019年08月20日(火) 担当:森 友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Microvascular Disease in Patients With Diabetes With Heart Failure and Reduced Ejection Versus Preserved Ejection Fraction.
Author:
Tromp J
DATA:
Diabetes Care. 2019 Sep;42(9):1792-1799. doi: 10.2337/dc18-2515. Epub 2019 Jul 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31292141
Discussion:
糖尿病患者では HFrEF と比較し、 HFpEF の有病率が有意に高率であった。
細小血管障害を有することは、 HFrEF の患者と比較し、 HFpEF の患者で優位に左室肥大や QOL 低下と関連していた。
2019年08月10日(土) 担当:高松 優斗(後期研修医)
Reference:
Title:
Sodium glucose cotransporter 2 inhibitors and risk of genital mycotic and urinary tract infection: A population-based study of older women and men with diabetes.
Author:
Lega IC
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2019 Jul 2. doi: 10.1111/dom.13820. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31264755
Discussion:
DPP4 阻害剤の使用と比較して SGLT 2 阻害剤の使用による高齢糖尿病患者の性器真菌感染症のリスクは男女問わず増加を認めた。一方尿路感染症のリスク増加は認めなかった。
2019年07月13日(土) 担当:鈴木 智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Role of Vitamin E for Nonalcoholic Steatohepatitis in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized Controlled Trial
Author:
Fernando Bril
DATA:
Diabetes Care 2019 May; dc190167.doi.org/10.2337/dc19-0167
Abstract:
https://care.diabetesjournals.org/content/early/2019/05/10/dc19-0167
Discussion:
2 型糖尿病患者における NSAH に対するビタミン E 単独での使用は、NASH の有意な改善とは関連がなかった。
2019年06月20日(木) 担当:伊藤 健治(初期研修医)
Reference:
Title:
Canagliflozin and Renal Outcomes in Type 2 Diabetes and Nephropathy.
Author:
Perkovic V
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jun 13;380(24):2295-2306. doi: 10.1056/NEJMoa1811744. Epub 2019 Apr 14.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30990260
Discussion:
2型糖尿病 腎症のある患者において、中央値2.62年の追跡期間、canaglifozinを投与された群はplacebo群と比較して腎不全と心血管イベントのリスクが低かった。
2019年04月23日(火) 担当:久保田 諒(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Glucose Improvement on Spirometric Maneuvers in Patients With Type 2 Diabetes: The Sweet Breath Study.
Author:
Gutiérrez-Carrasquilla L
DATA:
Diabetes Care. 2019 Apr;42(4):617-624. doi: 10.2337/dc18-1948. Epub 2019 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30705064
Discussion:
今回、短期での HbA1c の改善が一秒率やピークフローを上昇させることが示された。
良好な血糖コントロールは、呼吸機能、生命予後に良い影響を及ぼす可能性がある。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ