モーニングレクチャー
その他合併症
2019年04月23日(火) 担当:久保田 諒(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Glucose Improvement on Spirometric Maneuvers in Patients With Type 2 Diabetes: The Sweet Breath Study.
Author:
Gutiérrez-Carrasquilla L
DATA:
Diabetes Care. 2019 Apr;42(4):617-624. doi: 10.2337/dc18-1948. Epub 2019 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30705064
Discussion:
今回、短期での HbA1c の改善が一秒率やピークフローを上昇させることが示された。
良好な血糖コントロールは、呼吸機能、生命予後に良い影響を及ぼす可能性がある。
2019年04月18日(木) 担当:髙木 聡(助教)
Reference:
Title:
Association of socioeconomic status and DKA readmission in adults with type 1 diabetes: analysis of the US National Readmission Database
Author:
DATA:
BMJ Open Diab Res Care 2019;7:e000621. 10.1136/bmjdrc-2018-000621
Abstract:
https://drc.bmj.com/content/7/1/e000621
Discussion:
低収入、MedicareおよびMedicaid1型糖尿病の成人における糖尿病ケトアシドーシスでの再入院の強力な予測因子だった。
2019年03月29日(金) 担当:前田 有貴子(前期研修医)
Reference:
Title:
Risk factors for developing dementia in type 2 diabetes mellitus patients with mild cognitive impairment.
Author:
Albai O
DATA:
Neuropsychiatr Dis Treat. 2019 Jan 3;15:167-175. doi: 10.2147/NDT.S189905. eCollection 2019.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30655669
Discussion:
2型糖尿病患者のうち軽度認知機能低下は認知症になりやすく、定期的に認知機能を評価されるべきである。MMSEを定期的に行うことで軽度認知機能低下の早期発見が可能となる。また認知機能低下を予防するには血糖コントロールと糖尿病の管理全般が大切だ。
2019年03月28日(木) 担当:鬼澤 英俊(前期研修医)
Reference:
Title:
Impact of Early Diaetic Ketoacidosis on the Developing Brain.
Author:
Aye T
DATA:
Diabetes Care. 2019 Mar;42(3):443-449. doi: 10.2337/dc18-1405. Epub 2018 Dec 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30573652
Discussion:
  • 診断時の幼児における中等度 / 重度の DKA の単一エピソードは、認知スコアの低下と脳の成長の変化に関連している。
  • 1 型糖尿病の早期診断および DKA の予防が、発生中の脳に対するケトアシドーシスの長期的影響を軽減するかどうかを評価するためには、さらなる研究が必要である。
Category:
その他合併症
2019年02月20日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Late-Onset T1DM and Older Age Predict Risk of Additional Autoimmune Disease.
Author:
Hughes JW
DATA:
Diabetes Care. 2019 Jan;42(1):32-38. doi: 10.2337/dc18-1157. Epub 2018 Oct 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30361208
Discussion:
  • 1 型糖尿病の発症年齢が高いこと( 30 歳以上 )は、他の自己免疫疾患合併の独立したリスク因子である。
  • 発症年齢が高い( 30 歳以上 )1 型糖尿病患者、特に女性は、他の自己免疫疾患の合併の可能性を考慮し診療にあたるべきである。