モーニングレクチャー
その他合併症
2018年09月08日(土) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Trends in Hospital Admission for Diabetic Ketoacidosis in Adults With Type 1 and Type 2 Diabetes in England, 1998-2013: A Retrospective Cohort Study.
Author:
Zhong VW
DATA:
Diabetes Care. 2018 Sep;41(9):1870-1877. doi: 10.2337/dc17-1583. Epub 2018 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29386248
Discussion:
  • England の成人糖尿病では、1 型糖尿病の糖尿病ケトアシドーシス( DKA )での入院は多いままであり、2 型糖尿病の DKA での入院は増加傾向にある。
  • DKA の予防、再入院率、死亡率に影響ある因子の検索についての研究が求められる。
2018年08月25日(土) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of dapagliflozin and n-3 carboxylic acids on non-alcoholic fatty liver disease in people with type 2 diabetes: a double-blind randomised placebo-controlled study.
Author:
Eriksson JW
DATA:
Diabetologia. 2018 Sep;61(9):1923-1934. doi: 10.1007/s00125-018-4675-2. Epub 2018 Jul 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29971527
Discussion:
SGLT2阻害薬とn-3脂肪酸の併用は,肝臓脂肪含有量を低下させることによって, NAFLDの進展予防に効果的である可能性がある.
2018年04月26日(木) 担当:松永卓士(前期研修医)
Reference:
Title:
Mortality from infectious diseases in diabetes.
Author:
Zoppini G
DATA:
Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2018 Jan 31. pii: S0939-4753(17)30321-6. doi: 10.1016/j.numecd.2017.12.007. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29519560
Discussion:
糖尿病患者において、感染症が死の引き金となった原死因と捉えた場合と、死につながった様々な要素のうちの1つと捉えた場合を比較した時、前者のアプローチでは感染症の死への影響を過小評価している可能性があることが示唆された。
2018年04月07日(土) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Comparison of Ipragliflozin and Pioglitazone Effects on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized, 24-Week, Open-Label, Active-Controlled Trial.
Author:
Ito D
DATA:
Diabetes Care. 2017 Oct;40(10):1364-1372. doi: 10.2337/dc17-0518. Epub 2017 Jul 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28751548
Discussion:
イプラグリフロジンはNAFLD合併T2DMにおいて、 ピオグリタゾンと同等の効果があり、さらにVFA減少効果が見られた。
2018年03月31日(土) 担当:関 康文(助教)
Reference:
Title:
Effects of Hypoglycemia on Circulating Stem and Progenitor Cells in Diabetic Patients.
Author:
Fadini GP
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2018 Mar 1;103(3):1048-1055. doi: 10.1210/jc.2017-02187.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29300991
Discussion:
2 型糖尿病患者の血中幹細胞や血管内皮前駆細胞数が心血管イベントリスクと関連することが報告されている。本研究は、低血糖が血糖患者の血中血管内皮前駆細胞の生理的な変動に影響を与えることを明らかにした。血管内皮前駆細胞の変動は、糖尿病患者における低血糖と悪い心血管予後を説明する機序の一つかもしれない。