モーニングレクチャー
その他合併症
2018年12月21日(金) 担当:岩﨑直子(成人医学センター・教授)
Reference:
Title:
Prediabetes Is Associated With Structural Brain Abnormalities: The Maastricht Study.
Author:
van Agtmaal MJM
DATA:
Diabetes Care. 2018 Dec;41(12):2535-2543. doi: 10.2337/dc18-1132. Epub 2018 Oct 16.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30327356
Discussion:
2型糖尿病において器質的な脳病変は認知症、脳卒中、うつ病などの脳疾患のリスク因子となる。このような器質的な脳病変が全糖尿病段階で既に生じているかについては不明である。オランダの住民コホート2300人を用いて、脳MRIの結果を正常耐糖能、前糖尿病、2型糖尿病の3群間で比較した。その結果、器質的な脳病変は正常対照と比較して前糖尿病段階において有意に高頻度に出現し、2型糖尿病ではさらに頻度が上昇した。以上から、今回対象とした平均59歳の集団において早期からの血糖コントロール管理は脳疾患の予防につながる可能性が示唆された。
Category:
その他合併症
2018年11月20日(火) 担当:岡征児(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Bullous Pemphigoid With Dipeptidyl-Peptidase 4 Inhibitors in Patients With Diabetes: Estimating the Risk of the New Agents and Characterizing the Patients.
Author:
Kridin K
DATA:
JAMA Dermatol. 2018 Oct 1;154(10):1152-1158. doi: 10.1001/jamadermatol.2018.2352.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30090931
Discussion:
DPP-4 阻害薬全体と、ビルダグリプチン、リナグリプチンは BP のリスクを有意に増加させた。
DPP-4 阻害薬関連 BP では粘膜病変が多く、好酸球数が少ないことは多い。薬剤中止により良好な転機をたどることが多いため、BP の診断が確定した際は中止を検討する必要がある。
Category:
その他合併症
2018年10月25日(木) 担当:福島 博(前期研修医)
Reference:
Title:
Poor Metabolic Control in Children and Adolescents With Type 1 Diabetes and Psychiatric Comorbidity.
Author:
Sildorf SM
DATA:
Diabetes Care. 2018 Nov;41(11):2289-2296. doi: 10.2337/dc18-0609. Epub 2018 Sep 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30270201
Discussion:
1 型糖尿病診断後の精神障害の発生率はや約 30 % で特に思春期では発症しやすい。精神障害の兆候が早期であれば治療介入によって予防できる可能性がある。心理的負担に関しては様々な面(経済力、両親など)から評価しなければならない。
2018年09月08日(土) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Trends in Hospital Admission for Diabetic Ketoacidosis in Adults With Type 1 and Type 2 Diabetes in England, 1998-2013: A Retrospective Cohort Study.
Author:
Zhong VW
DATA:
Diabetes Care. 2018 Sep;41(9):1870-1877. doi: 10.2337/dc17-1583. Epub 2018 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29386248
Discussion:
  • England の成人糖尿病では、1 型糖尿病の糖尿病ケトアシドーシス( DKA )での入院は多いままであり、2 型糖尿病の DKA での入院は増加傾向にある。
  • DKA の予防、再入院率、死亡率に影響ある因子の検索についての研究が求められる。
2018年08月25日(土) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of dapagliflozin and n-3 carboxylic acids on non-alcoholic fatty liver disease in people with type 2 diabetes: a double-blind randomised placebo-controlled study.
Author:
Eriksson JW
DATA:
Diabetologia. 2018 Sep;61(9):1923-1934. doi: 10.1007/s00125-018-4675-2. Epub 2018 Jul 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29971527
Discussion:
SGLT2阻害薬とn-3脂肪酸の併用は,肝臓脂肪含有量を低下させることによって, NAFLDの進展予防に効果的である可能性がある.