モーニングレクチャー
神経障害
2020年02月29日(土) 担当:望月 翔太(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Therapeutic efficacy of arginine-rich exenatide on diabetic neuropathy in rats.
Author:
Shekunova EV
DATA:
Eur J Pharmacol. 2020 Jan 5;866:172835. doi: 10.1016/j.ejphar.2019.172835. Epub 2019 Nov 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31794708
Discussion:
末梢神経障害を有する糖尿病ラットにおいて、新しい合成アルギニンに富むExendin-4(Peptide D)と元来のExendin-4(バイエッタ)の神経障害に対する治療効果を評価することを目的とした。Peptide Dは坐骨神経のミエリン塩基性タンパク質(MBP)発現を増加させ、有髄神経線維の直径を増加させることにより、アロディニア(異痛症)を改善させた。Peptide Dが末梢ポリニューロパチーの治療のための有望な薬剤である可能性が示唆された。
Category:
神経障害
2019年12月19日(木) 担当:大屋 純子(助教)
Reference:
Title:
Short-term strength and balance training does not improve quality of life but improves functional status in individuals with diabetic peripheral neuropathy: a randomised controlled trial.
Author:
Venkataraman K
DATA:
Diabetologia. 2019 Dec;62(12):2200-2210. doi: 10.1007/s00125-019-04979-7. Epub 2019 Aug 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31468106
Discussion:
短期間 ( 週 1 回、2 カ月間 )の筋力・バランストレーニングは神経障害を有する 2 型糖尿病患者の健康関連 QOL は改善しなかったが、身体機能やバランスに対する自信えお改善した。
Category:
神経障害
2018年10月02日(火) 担当:Shillo P
Reference:
Title:
Reduced vitamin D levels in painful diabetic peripheral neuropathy.
Author:
DATA:
Diabet Med. 2018 Aug 13. doi: 10.1111/dme.13798. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30102801
Discussion:
有痛 DNP 患者の血清 25 - ヒドロキシビタミン D レベルが有意に低かった。
Category:
神経障害
2018年01月15日(月) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Severity of Neuropathy Is Associated With Long-term Spinal Cord Stimulation Outcome in Painful Diabetic Peripheral Neuropathy: Five-Year Follow-up of a Prospective Two-Center Clinical Trial.
Author:
van Beek M
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan;41(1):32-38. doi: 10.2337/dc17-0983. Epub 2017 Nov 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29109298
Discussion:
・脊髄刺激療法( SCS )は、5 年間の観察期間においてベースラインと比較して有痛性糖尿病性ニューロパチー( PDPN )に対するの疼痛を軽減させた。
・治療成功率は脊髄刺激療法( SCS )開始 1 年後が 86 %、5 年後が 55 %であった。
・神経障害の重症度( MDNS )が治療不成功と有意に関連を認めた。
2017年10月30日(月) 担当:佐々木優(前期研修医)
Reference:
Title:
Type 1 diabetic patients with peripheral neuropathy have pan-enteric prolongation of gastrointestinal transit times and an altered caecal pH profile.
Author:
Farmer AD
DATA:
Diabetologia. 2017 Apr;60(4):709-718. doi: 10.1007/s00125-016-4199-6. Epub 2017 Jan 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28105520
Discussion:
DSPN 群で、胃通過時間・小腸通過時間・結腸通過時間・全腸通過時間の延長が認められた。さらに、回盲部における pH 酸性化が見られ、結腸通過時間延長と関連していた。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ