モーニングレクチャー
2015年05月11日(月) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
Predictors of Functional and Anatomic Outcomes in Patients with Diabetic Macular Edema Treated with Ranibizumab.
Author:
Sophie R
DATA:
Ophthalmology. 2015 Apr 11. pii: S0161-6420(15)00180-3. doi: 10.1016/j.ophtha.2015.02.036. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25870079
Discussion:
・中心窩浮腫、網膜内嚢胞、網膜肥厚、腎障害を有する糖尿病黄斑浮腫患者は、未治療群では効果がなく、ranibizumab治療によく反応した。
・中心窩浮腫、網膜内嚢胞、網膜肥厚を改善することは治療の重要なゴールであり、特に腎障害のある患者では、黄斑浮腫改善のため積極的な治療が必要となる。
Category:
2015年05月09日(土) 担当:堀場悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Posttraumatic stress disorder and incidence of type 2 diabetes mellitus in a sample of women: a 22-year longitudinal study.
Author:
Roberts AL
DATA:
JAMA Psychiatry. 2015 Mar;72(3):203-10. doi: 10.1001/jamapsychiatry.2014.2632.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25565410
Discussion:
PTSDの症状数が多い女性はトラウマ暴露のない女性に比べ、T2D羅患リスクは2倍近くにまで上昇する。
Category:
2015年05月08日(金) 担当:豊永愛子(後期研修医)
Reference:
Title:
Dietary sodium intake and incidence of diabetes complications in Japanese patients with type 2 diabetes: analysis of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS).
Author:
Horikawa C
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2014 Oct;99(10):3635-43. doi: 10.1210/jc.2013-4315. Epub 2014 Jul 22.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25050990
Discussion:
Na高度摂取はT2DM患者のCVD増加と関連した。さらにNa摂取量とHbA1cの間には相互作用が認められた。医学栄養素学的に食事中のNa制限はT2DM患者の合併症予防に有用を考えられる。
Category:
2015年05月02日(土) 担当:志村香奈子(後期研修医)
Reference:
Title:
Weight Loss via Lifestyle Modification Significantly Reduces Features of Nonalcoholic Steatohepatitis.
Author:
Vilar-Gomez E
DATA:
Gastroenterology. 2015 Apr 9. pii: S0016-5085(15)00496-5. doi: 10.1053/j.gastro.2015.04.005. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25865049
Discussion:
生活習慣改善に伴う体重減少はNASHの組織像改善に関連。ただし、線維化の改善を目標とする場合や、女性・DM・BMI>35の患者ではより厳格な体重減少(>10%)が必要。
Category:
2015年05月01日(金) 担当:竹村俊輔(後期研修医)
Reference:
Title:
Smoking and risk for diabetes incidence and mortality in Korean men and women.
Author:
Jee SH
DATA:
Diabetes Care. 2010 Dec;33(12):2567-72. doi: 10.2337/dc10-0261. Epub 2010 Sep 7.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20823342
Discussion:
韓国において喫煙が糖尿病発症リスクを上げると考えられた。
喫煙は可逆的な危険因子である禁煙が推奨される。
Category: