モーニングレクチャー
2015年06月01日(月) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Neuropathic pain phenotyping as a predictor of treatment response in painful diabetic neuropathy: data from the randomized, double-blind, COMBO-DN study.
Author:
Bouhassira D
DATA:
Pain. 2014 Oct;155(10):2171-9. doi: 10.1016/j.pain.2014.08.020. Epub 2014 Aug 27.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25168665
Discussion:
組み合わせ療法、単剤の高用量治療のすべての群で疼痛は改善した。有意ではないが、併用療法は、中等度および軽度の疼痛を有する患者において、より有益である可能性があり、重度の疼痛を有する患者においては、単剤の高用量治療のほうが効果的である可能性があった。また、疼痛の種類は多彩であり疼痛の種類によって治療選択を行うほうが効果的であると考えられ、疼痛の種類による投薬選択の検討が必要である。
Category:
2015年05月30日(土) 担当:廣田尚紀(後期研修医)
Reference:
Title:
Sedentary time and its association with risk for disease incidence, mortality, and hospitalization in adults: a systematic review and meta-analysis.
Author:
Biswas A
DATA:
Ann Intern Med. 2015 Jan 20;162(2):123-32. doi: 10.7326/M14-1651.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25599350
Discussion:
身体活動量が高い人では低い人より総死亡、各イベントのハザード比は低くなったものの、座位時間が短い人よりは高かった。よって座位時間は身体活動量とは無関係に、総死亡や2型糖尿病、心血管疾患、癌の羅患リスクを高めることが明らかになった。
Category:
2015年05月29日(金) 担当:砂金知里(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy of folic acid therapy in primary prevention of stroke among adults with hypertension in China: the CSPPT randomized clinical trial.
Author:
Huo Y
DATA:
JAMA. 2015 Apr 7;313(13):1325-35. doi: 10.1001/jama.2015.2274.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25771069
Discussion:
脳卒中またはMIの既往のない、高血圧をもつ中国成人の間でエナラプリルに葉酸を添加した使用は、エナラプリル単独と比較して、初回の脳卒中リスクを有意に減少した。
Category:
2015年05月27日(水) 担当:梁(前期研修医)
Reference:
Title:
Incidence of type 2 diabetes after bariatric surgery: population-based matched cohort study.
Author:
Booth H
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2014 Dec;2(12):963-8.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25466723
Discussion:
①2型DMの新規発症リスクは肥満手術により性、BMI、年齢かかわらず8割低下していた。(7年追跡)
②重度の肥満者にとって、肥満手術は糖尿病の新規発症を予防するのに極めて効果的な方向。
Category:
2015年05月26日(火) 担当:山下真平(後期研修医)
Reference:
Title:
Soluble tumor necrosis factor receptor 1 and 2 predict outcomes in advanced chronic kidney disease: a prospective cohort study.
Author:
Neirynck N
DATA:
PLoS One. 2015 Mar 30;10(3):e0122073. doi: 10.1371/journal.pone.0122073. eCollection 2015.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25823004
Discussion:
血清可溶性TNFレセプター1,2濃度高値は、CKDステージ4または5の非透析患者の全死亡率または心血管イベント発生に対してそれぞれ独立したリスク因子である。
Category: