モーニングレクチャー
2015年08月22日(土) 担当:村尾愛(後期研修医)
Reference:
Title:
Gestational Diabetes Mellitus Can Be Prevented by Lifestyle Intervention: The Finnish Gestational Diabetes Prevention Study (RADIEL): A Randomized Controlled Trial.
Author:
Koivusalo SB
DATA:
Diabetes Care. 2015 Jul 29. pii: dc150511.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26223239
Discussion:
GDMのハイリスク女性のライフスタイルへの介入はGDMの発症を36%減少させた。
Category:
2015年08月21日(金) 担当:春日崇臣(後期研修医)
Reference:
Title:
Intake of saturated and trans unsaturated fatty acids and risk of all cause mortality, cardiovascular disease, and type 2 diabetes: systematic review and meta-analysis of observational studies.
Author:
de Souza RJ1
DATA:
BMJ. 2015 Aug 11;351:h3978. doi: 10.1136/bmj.h3978.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26268692
Discussion:
トランス脂肪酸摂取と心血管イベントの全死亡、冠動脈疾患死、冠動脈疾患には関連が認められた。
一方、虚血性脳卒中、2型糖尿病については有意な関連はなかった。
Category:
2015年08月20日(木) 担当:富樫唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Comparison of microinsicion vitrectomy and conventional 20-gauge vitrectomy for severe proliferative diabetic retinopathy.
Author:
Yokota R
DATA:
Jpn J Ophthalmol. 2015 Jul 23.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26202442
Discussion:
小切開硝子体手術網膜損傷、NVGは低く、小切開硝子体手術はPOR眼で考慮されるべきである。
Category:
2015年08月19日(水) 担当:廣田智(前期研修医)
Reference:
Title:
Comparative associations of muscle mass and muscle strength with mortality in dialysis patients.
Author:
Isoyama N
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2014 Oct 7;9(10):1720-8. doi: 10.2215/CJN.10261013. Epub 2014 Jul 29.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25074839
Discussion:
サルコペニア、低筋力は死亡介させる。
筋力低下は老化、合併症(PEW、DM、CVD)運動不足と関係し、死亡リスクを上昇させうる。
よってサルコペニアの主な因子は筋力によるもの考えられる。
Category:
2015年08月18日(火) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Pioglitazone Use and Risk of Bladder Cancer and Other Common Cancers in Persons With Diabetes.
Author:
Lewis JD
DATA:
JAMA. 2015 Jul 21;314(3):265-77. doi: 10.1001/jama.2015.7996.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26197187
Discussion:
膀胱癌との関連に関して
ピオグリタゾンの使用は今回の長期フォローアップでは有意なリスク増加はみられなかった。
他の10種の癌に関しての検討では前立腺癌および膵癌のリスクを増加させたがこの関連が偶然ではないか。さらなる交絡因子の検討等が必要である。
Category: