モーニングレクチャー
2015年03月09日(月) 担当:中神朋子(講師)
Reference:
Title:
Improving diabetes prevention with benefit based tailored treatment: risk based reanalysis of Diabetes Prevention Program.
Author:
Sussman JB
DATA:
BMJ. 2015 Feb 19;350:h454. doi: 10.1136/bmj.h454.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25697494
Discussion:
糖尿病のハイリスク群にいる人は、糖尿病予防効果に対して多様である。
このことを知っておくことはトリートメントしすぎることをなくす。
より効果的、効率的、患者を中心にした治療を提供し正確なリスク評価に立脚した決定に役立つものと思われる。
Category:
2015年03月06日(金) 担当:長谷川夕希子(後期研修医)
Reference:
Title:
The effects of ezetimibe on non-alcoholic fatty liver disease and glucose metabolism: a randomised controlled trial.
Author:
Takeshita Y
DATA:
Diabetologia. 2014 May;57(5):878-90. doi: 10.1007/s00125-013-3149-9. Epub 2014 Jan 10.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24407920
Discussion:
エゼチミブ10mg/日、6ヶ月間投与は肝トランスアミナーゼ値を改善させず、血清コレステロールや腸管からのコレステロール吸収マーカーを下げさせたが、TG変化させなかった。
肝繊維化、balloningを有意に改善したが、脂肪肝、インスリン抵抗性は改善させなかった。
Category:
2015年03月05日(木) 担当:尾形真規子(講師)
Reference:
Title:
Risk of fractures in subjects with antihypertensive medications: A nationwide claim study.
Author:
Choi HJ
DATA:
Int J Cardiol. 2015 Jan 28;184C:62-67. doi: 10.1016/j.ijcard.2015.01.072. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25697872
Discussion:
ARB以外の降圧剤使用は高血圧患者において骨折リスクを増加させる。
しかしRetrospective studyなので医師の選択時のバイアスがある。
Ca2+排泄を促進するタイプの利尿剤と逆に働く利尿剤が同じグループとなっている。
体重・血圧・骨密度などの他の臨床データは解析に含まれていない。
Category:
2015年03月04日(水) 担当:市原由美江(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of Performing Morning Versus Afternoon Exercise on Glycemic Control and Hypoglycemia Frequency in Type 1 Diabetes Patients on Sensor-Augmented Insulin Pump Therapy.
Author:
Gomez AM
DATA:
J Diabetes Sci Technol. 2015 Jan 1. pii: 1932296814566233. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25555390
Discussion:
朝の運動は夕方の運動よりも低血糖リスクを減少させる。
朝の運動は朝食前でありbasalの影響のみであるが、夕方の運動は昼のbolusの影響が残っていることや日中の活動量の増加が影響していると考えられる。
Category:
2015年03月03日(火) 担当:山下真平(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of urinary KIM-1, L-FABP, NAG and NGAL with incident end-stage renal disease and mortality in American Indians with type 2 diabetes mellitus.
Author:
Fufaa GD
DATA:
Diabetologia. 2015 Jan;58(1):188-98. doi: 10.1007/s00125-014-3389-3. Epub 2014 Oct 15.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25316431
Discussion:
2型糖尿病に羅患したアメリカのピマ族では尿中NGAL、L-FABP濃度と末期腎不全への進行、死亡率との間に有意な関連を認めた。
Category: