モーニングレクチャー
2015年06月03日(水) 担当:川村和正(前期研修医)
Reference:
Title:
Dietary carbohydrates, refined grains, glycemic load, and risk of coronary heart disease in Chinese adults.
Author:
Yu D
DATA:
Am J Epidemiol. 2013 Nov 15;178(10):1542-9. doi: 10.1093/aje/kwt178. Epub 2013 Sep 5.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24008907
Discussion:
・男性においては最も炭水化物多い4分位と低い4分位で3.20倍の冠血管疾患羅患の危険比。男女を統合したモデルでは最も多い4分位と少ない4分位で2.88倍の危険比。
・最もGL摂取の多い4分位と少ない4分位との間の冠血管疾患羅患の危険比は1.87倍。
食事のGI値と冠血管疾患の危険比に有意なものはなかった。
Category:
2015年06月02日(火) 担当:竹村俊輔(後期研修医)
Reference:
Title:
Assessment of muscle mass and its association with protein intake in a multi-ethnic Asian population: relevance in chronic kidney disease.
Author:
Teo BW
DATA:
Asia Pac J Clin Nutr. 2014;23(4):619-25. doi: 10.6133/apjcn.2014.23.4.01.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25516320
Discussion:
タンパク摂取量は、すべての対象者における筋力値に関連を認めた。
IDWにより補正されたタンパク摂取量は、CKD患者に有用と考えられた。
Category:
2015年06月01日(月) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Neuropathic pain phenotyping as a predictor of treatment response in painful diabetic neuropathy: data from the randomized, double-blind, COMBO-DN study.
Author:
Bouhassira D
DATA:
Pain. 2014 Oct;155(10):2171-9. doi: 10.1016/j.pain.2014.08.020. Epub 2014 Aug 27.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25168665
Discussion:
組み合わせ療法、単剤の高用量治療のすべての群で疼痛は改善した。有意ではないが、併用療法は、中等度および軽度の疼痛を有する患者において、より有益である可能性があり、重度の疼痛を有する患者においては、単剤の高用量治療のほうが効果的である可能性があった。また、疼痛の種類は多彩であり疼痛の種類によって治療選択を行うほうが効果的であると考えられ、疼痛の種類による投薬選択の検討が必要である。
Category:
2015年05月30日(土) 担当:廣田尚紀(後期研修医)
Reference:
Title:
Sedentary time and its association with risk for disease incidence, mortality, and hospitalization in adults: a systematic review and meta-analysis.
Author:
Biswas A
DATA:
Ann Intern Med. 2015 Jan 20;162(2):123-32. doi: 10.7326/M14-1651.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25599350
Discussion:
身体活動量が高い人では低い人より総死亡、各イベントのハザード比は低くなったものの、座位時間が短い人よりは高かった。よって座位時間は身体活動量とは無関係に、総死亡や2型糖尿病、心血管疾患、癌の羅患リスクを高めることが明らかになった。
Category:
2015年05月29日(金) 担当:砂金知里(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy of folic acid therapy in primary prevention of stroke among adults with hypertension in China: the CSPPT randomized clinical trial.
Author:
Huo Y
DATA:
JAMA. 2015 Apr 7;313(13):1325-35. doi: 10.1001/jama.2015.2274.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25771069
Discussion:
脳卒中またはMIの既往のない、高血圧をもつ中国成人の間でエナラプリルに葉酸を添加した使用は、エナラプリル単独と比較して、初回の脳卒中リスクを有意に減少した。
Category: