モーニングレクチャー
2015年04月10日(金) 担当:吉田直史(助教)
Reference:
Title:
The efficacy of vildagliptin concomitant with insulin therapy in type 2 diabetic subjects.
Author:
Ito D
DATA:
J Clin Med Res. 2015 May;7(5):303-7. doi: 10.14740/jocmr2057w. Epub 2015 Mar 1.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/ 25780477
Discussion:
インスリン治療中の2型糖尿病患者においてビルダグリプチン100mgを併用することで、血糖改善のみならず、ボーラスインスリンを減量することができた。またシタグリプチン50mgからビルダグリプチン100mgへの切り替えの有効性についても示唆した。
Category:
2015年04月09日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Type 2 diabetes and incidence of cardiovascular diseases: a cohort study in 1·9 million people.
Author:
Shah AD, et al
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2015 Feb;3(2):105-13. doi: 10.1016/S2213-8587(14)70219-0. Epub 2014 Nov 11.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25466521
Discussion:

Englandの電子データソース(CALIBER programより30歳以上で心血管障害のない190万人を対象として経過観察し、初回に登録された12種の心血管障害を検討した。2型糖尿病では、末梢動脈疾患と心不全は最も一般的な心血管障害の初回登録疾患であった。

Category:
2015年04月08日(水) 担当:市原由美江(後期研修医)
Reference:
Title:
Glycaemic load versus carbohydrate counting for insulin bolus calculation in patients with type 1 diabetes on insulin pump.
Author:
Bozzetto L
DATA:
Acta Diabetol. 2015 Feb 20. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25697600
Discussion:
GLを用いると血糖コントロールが改善する可能性がある。
Category:
2015年04月07日(火) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Real-time continuous glucose monitoring in type 1 diabetes: a qualitative framework analysis of patient narratives.
Author:
Pickup JC
DATA:
Diabetes Care. 2015 Apr;38(4):544-50. doi: 10.2337/dc14-1855. Epub 2014 Dec 31.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25552422
Discussion:
この調査の参加者にとって現在のCGMは技術的な面で多少の問題はあるものの総じて便利なツールであると考えている。医療者のCGMへの知識と患者がそれを有効に使う方法をマスターすれば一部の患者さんにとっては有効なツールになりうる。但し値の正確性などテクニカルな問題も残されている
Category:
2015年04月06日(月) 担当:北野滋彦(教授)
Reference:
Title:
Darapladib, a Lipoprotein-Associated Phospholipase A2 Inhibitor, in Diabetic Macular Edema: A 3-Month Placebo-Controlled Study.
Author:
Staurenghi G1, et al
DATA:
Ophthalmology. 2015 Mar 5. pii: S0161-6420(14)01191-9. doi: 10.1016/j.ophtha.2014.12.014. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25749297
Discussion:

リポ蛋白関連ホスホリパーゼA2Lp-PLA2)は酸化リン脂質を加水分解し、内皮機能不全、プラーク炎症、プラーク内の壊死性コア形成に関与する炎症誘発性酵素で、その活性が慢性冠動脈疾患のリスクと関連することが報告されている。ダラプラティブは、Lp-PLA2活性を阻害する経口薬で、慢性冠動脈疾患の臨床治験において、心血管イベントへの有意な効果は得られなかったが、糖尿病黄斑浮腫においては、3カ月投与で視力および浮腫の改善が認められた。

Category: