モーニングレクチャー
2015年11月11日(水) 担当:市村靖彦(後期研修医)
Reference:
Title:
Pre-Conception Dyslipidemia Is Associated with Development of Preeclampsia and Gestational Diabetes Mellitus.
Author:
Baumfeld Y
DATA:
PLoS One. 2015 Oct 9;10(10):e0139164. doi: 10.1371/journal.pone.0139164. eCollection 2015.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26452270
Discussion:
妊娠前の高TG血症や低HDL血症は、妊娠後の妊娠高血圧症候群やGDMのリスクを増加させる。妊娠高血圧症候群やGDMの重要性を考慮すると、妊娠適齢期の女性においては、妊娠前に脂質検査を行うことも検討する。
Category:
2015年11月10日(火) 担当:沈卓(後期研修医)
Reference:
Title:
Use of an α-Glucosidase Inhibitor and the Risk of Colorectal Cancer in Patients With Diabetes: A Nationwide, Population-Based Cohort Study.
Author:
Tseng YH
DATA:
Diabetes Care. 2015 Nov;38(11):2068-74. doi: 10.2337/dc15-0563. Epub 2015 Aug 25.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26307605
Discussion:
アカルボース(αGI)の内服と大腸癌リスクの低下は相関する。
Category:
2015年11月09日(月) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
Cross Talk between Lipid Metabolism and Inflammatory Markers in Patients with Diabetic Retinopathy.
Author:
Crosby-Nwaobi R
DATA:
J Diabetes Res. 2015;2015:191382. doi: 10.1155/2015/191382. Epub 2015 Jul 29.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26295054
Discussion:
羅病期間と高血圧は、網膜症と黄斑浮腫進行のカギとなる因子であるとわかった。
ApoB/A比はPDRとCSMEの危険因子として評価され、全身のTNF-αとVEGF濃度上昇はCSMEで探索すべきである。
Category:
2015年11月07日(土) 担当:志村香奈子(後期研修医)
Reference:
Title:
Fasting Until Noon Triggers Increased Postprandial Hyperglycemia and Impaired Insulin Response After Lunch and Dinner in Individuals With Type 2 Diabetes: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Jakubowicz D
DATA:
Diabetes Care. 2015 Oct;38(10):1820-6. doi: 10.2337/dc15-0761. Epub 2015 Jul 28.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26220945
Discussion:
T2DMにおいて、良好なBSコントロールを維持するためには朝食をきちんと食べることが重要である事が改めて示唆された。
Category:
2015年11月06日(金) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Impact of Conversation Map™Education Tools Versus Regular Care on Diabetes-Related Knowledge of People With Type2 Diabetes:A Randomized,Controlled Study.
Author:
Mstthew Reaney
DATA:
Diabetes Spectrum 2013.26(4):236-245
Abstract:
Discussion:
ヨーロッパで初めて行われたCMと通常ケアの効果を比較した無作為試験、教育後のDM知識は両群で有意に改善、各国の糖尿病教育の状況によっても結果が違う可能性あり。CM群ではプログラム直後の患者満足度は高い。
Category: