モーニングレクチャー

2018年03月

2018年03月31日(土) 担当:関 康文(助教)
Reference:
Title:
Effects of Hypoglycemia on Circulating Stem and Progenitor Cells in Diabetic Patients.
Author:
Fadini GP
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2018 Mar 1;103(3):1048-1055. doi: 10.1210/jc.2017-02187.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29300991
Discussion:
2 型糖尿病患者の血中幹細胞や血管内皮前駆細胞数が心血管イベントリスクと関連することが報告されている。本研究は、低血糖が血糖患者の血中血管内皮前駆細胞の生理的な変動に影響を与えることを明らかにした。血管内皮前駆細胞の変動は、糖尿病患者における低血糖と悪い心血管予後を説明する機序の一つかもしれない。
2018年03月30日(金) 担当:阿部和大(後期研修医・呼吸器内科)
Reference:
Title:
Long-term Diet Quality and Risk of Type 2 Diabetes Among Urban Chinese Adults.
Author:
Yu D
DATA:
Diabetes Care. 2018 Apr;41(4):723-730. doi: 10.2337/dc17-1626. Epub 2017 Dec 21.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29269510
Discussion:
都市部の中国人成人において豊富な野菜、果物、乳製品、豆類、魚介類を摂取し穀物と肉類を控える生活は 15 ~ 25 % DM リスクを抑え、運動を加えると最大 45 % リスクを抑えることが示された。
Category:
2型糖尿病
2018年03月29日(木) 担当:佐伯忠賜朗(講師)
Reference:
Title:
Visual Outcomes Based on Early Response to Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Treatment for Diabetic Macular Edema.
Author:
Koyanagi Y
DATA:
Ophthalmologica. 2018;239(2-3):94-102. doi: 10.1159/000481711. Epub 2018 Jan 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29316563
Discussion:

糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF薬治療に関して、投与開始後3 ヶ月間の視力変化量(ΔBCVAM3 )で12 ヶ月間の視力変化量を予測できることが示唆され、治療継続要否を判断する一助となる可能性が示された。

Category:
眼合併症
2018年03月28日(水) 担当:程璐(前期研修医)
Reference:
Title:
Variables associated with HbA1c and weight reductions when adding liraglutide to multiple daily insulin injections in persons with type 2 diabetes (MDI Liraglutide trial 3).
Author:
Dahlqvist S
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2018 Feb 24;6(1):e000464. doi: 10.1136/bmjdrc-2017-000464. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29527308
Discussion:
リラグルチドを投与した MDI で治療中の 2 型糖尿病の患者では、HbA1c 値が低い方が体重減少が大きかった。HbA1c の減少と体重の減少との間に相関はなく、すなわち、異なる患者群が HbA1c および体重減少に応答する。したがって、リラグルチドの HbA1c と体重に対する効果は、臨床で MDI 患者で個別に評価する必要がある。

この研究の結果は、特定の患者がより大きな HbA1c の減少および、より大きな体重減少に応答することを示している。高血糖の低下は、HbA1c レベルの低下よりも合併症のリスクを低下させることが知られているため、HbA1c 値がより低いものは体重が減少し、HbA1c 値が高いものはグルコースの低下効果により、多くの利益をもたらすであろう。

リラグルチド群の多くの重要な予測因子がプラゼボ群で同様の効果を示したため、対照群の使用が重要と思われる。

2018年03月27日(火) 担当:数阪広子(前期研修医)
Reference:
Title:
The Impact of Diabetes on Breast Cancer Treatments and Outcomes: A Population-Based Study.
Author:
Lega IC
DATA:
Diabetes Care. 2018 Apr;41(4):755-761. doi: 10.2337/dc17-2012. Epub 2018 Jan 19.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29351960
Discussion:
糖尿病の存在は、乳癌治療において治療法の選択に影響を与えなかった。
糖尿病はそれだけでは乳がん患者の死亡率に影響を与えず、糖尿病合併症や心血管障害の存在が乳癌の予後を悪化させる因子となった。
Category: