モーニングレクチャー

2017年01月

2017年01月11日(水) 担当:森友実(後期研修医)
Reference:
Title:
HbA1c and the Prediction of Type 2 Diabetes in Children and Adults.
Author:
Vijayakumar P
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jan;40(1):16-21. doi: 10.2337/dc16-1358. Epub 2016 Nov 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27810987
Discussion:
・ベースライン時のHbA1cが高いほど、小児・成人両者でDMの発生率が高くなることがわかった。
・HbA1c,FPG,2hrPGを比較した場合、年齢・性別を問わず有用であり、小児のDMリスクを評価する上でも有用である。
Category:
2017年01月10日(火) 担当:
Reference:
Title:
Comparison of the effects of diets high in animal or plant protein on metabolic and cardiovascular markers in type 2 diabetes: A randomized clinical trial.
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2017年01月09日(月) 担当:
Reference:
Title:
祝日
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2017年01月07日(土) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Association of serum vitamin D with osteosarcopenic obesity: Korea National Health and Nutrition Examination Survey 2008-2010.
Author:
Kim J
DATA:
J Cachexia Sarcopenia Muscle. 2016 Oct 5. doi: 10.1002/jcsm.12154. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27897409
Discussion:
ビタミンD濃度はオスラオサルコペニア肥満に関係する。
Category:
2017年01月06日(金) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Pancreatic Effects of Liraglutide or Sitagliptin in Overweight Patients With Type 2 Diabetes: A 12-Week Randomized, Placebo-Controlled Trial.
Author:
Smits MM
DATA:
Diabetes Care. 2016 Dec 20. pii: dc160836. doi: 10.2337/dc16-0836. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27998910
Discussion:
リラグルチド、シタグリプチンによる膵への影響を検証したところ、12週間の治療法、緩やかな膵酵素の上昇を認めたが、膵外分泌能や膵形態には変化なく、膵炎発生も認めなかった。膵酵素の上昇に関しては腺房細胞への影響の他、食事内容のちがいや胃排出時間のちがいなどが原因として考えられる。
Category: