モーニングレクチャー

2017年01月

2017年01月17日(火) 担当:髙木聡(後期研修医)
Reference:
Title:
Higher Parathyroid Hormone Level Is Associated With Increased Arterial Stiffness in Type 1 Diabetes.
Author:
Zobel EH
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jan 6. pii: dc162428. doi: 10.2337/dc16-2428. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28062524
Discussion:
今後の前向き研究の結果次第だが、PTHを低下させるような治療(シナカルセトなど)は、PTHが上昇した1型糖尿病患者において心血管リスクを潜在的に低減させうる。
Category:
2017年01月16日(月) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Plasma Triglycerides and HDL-C Levels Predict the Development of Diabetic Kidney Disease in Subjects With Type 2 Diabetes: The AMD Annals Initiative.
Author:
Russo GT
DATA:
Diabetes Care. 2016 Dec;39(12):2278-2287. Epub 2016 Oct 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27703024
Discussion:
LDLコレステロール130mg/dl以下にコントロールされており、かつ、eGFR60以上、正常アルブミン尿の2型糖尿病患者において、中性脂肪高値、HDLコレステロール低値は腎症発症の独立した危険因子となることが示唆された。
Category:
2017年01月14日(土) 担当:濱田真理子(後期研修医)
Reference:
Title:
Reduced Lower-Limb Muscle Strength and Volume in Patients With Type 2 Diabetes in Relation to Neuropathy, Intramuscular Fat, and Vitamin D Levels.
Author:
Almurdhi MM
DATA:
Diabetes Care. 2016 Mar;39(3):441-7. doi: 10.2337/dc15-0995. Epub 2016 Jan 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26740641
Discussion:
・2型糖尿病患者では下肢筋力低下を認めるが、筋肉量減少は膝関節より中枢の筋肉でのみ認める。
・筋力低下に糖尿病性神経障害の存在が関連していたがVitaminD欠乏は相関を認めなかった。
Category:
2017年01月13日(金) 担当:中嶋順子(後期研修医)
Reference:
Title:
Hormonal Contraception and Risk of Thromboembolism in Women With Diabetes.
Author:
O'Brien SH
DATA:
Diabetes Care. 2016 Nov 29. pii: dc161534. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27899496
Discussion:
糖尿病患者において、ホルモン系避妊法による血栓塞栓イベントは1回/100月経以内であり、ホルモン系避妊法の種類としては、プロゲステロン単独投与のIUD、皮下植え込みが最も安全であった。
妊娠前に厳格に血糖コントロールを行うことで先天性奇形や巨大児を減らすことにつながるため、糖尿病患者において計画的な妊娠は必要なことである。
Category:
2017年01月12日(木) 担当:宇治原典子(准教授)
Reference:
Title:
Assessing the Safety of Sitagliptin in Older Participants in the Trial Evaluating Cardiovascular Outcomes With Sitagliptin (TECOS).
Author:
Bethel MA
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jan 5. pii: dc161135. doi: 10.2337/dc16-1135. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28057693
Discussion:
高齢者に対する糖尿病治療薬の効果と安全性を検討するため、TECOSの参加者のうち75歳以上の患者において心血管アウトカムおよび有害事情を評価した。
平均78.3歳、糖尿病り病歴平均12年の高齢者を2.9年追跡。全対象についてみると、高齢者では若年者に比べて心血管イベント、死亡、重症低血糖、骨折の発症が有意に多かった。高齢者の中でシタグリプチン内服の有無と心血管イベント発生の間には関係を認めなかった。重症低血糖、膵炎を含め、安全性に問題はなかった。
Category: