モーニングレクチャー

2017年01月

2017年01月25日(水) 担当:田中祐希(後期研修医)
Reference:
Title:
Toward Defining the Threshold Between Low and High Glucose Variability in Diabetes.
Author:
Monnier L
DATA:
Diabetes Care. 2016 Dec 30. pii: dc161769. doi: 10.2337/dc16-1769. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28039172
Discussion:
血糖変動の安定、不安定のしきい値として、%CV36%は適切と考えられた。
これ以上では、低血糖の頻度は有意に上昇し、特にインスリン治療を行っているもので顕著であった。
Category:
2017年01月24日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitors, Peripheral Arterial Disease, and Lower Extremity Amputation Risk in Diabetic Patients.
Author:
Chang CC
DATA:
Am J Med. 2016 Nov 22. pii: S0002-9343(16)31189-5. doi: 10.1016/j.amjmed.2016.10.016. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27884648
Discussion:
2型糖尿病患者においてDPP4阻害薬投与によりPAD発症ないし下肢切断のリスクを低下させる可能性がある。
Category:
2017年01月20日(金) 担当:小田友里(後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetic foot ulcer severity predicts mortality among veterans with type 2 diabetes.
Author:
Brennan MB
DATA:
J Diabetes Complications. 2016 Dec 10. pii: S1056-8727(16)30997-7. doi: 10.1016/j.jdiacomp.2016.11.020. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27993523
Discussion:
糖尿病性足潰瘍の重症度は、冠動脈疾患、PAD、脳卒中以上にその後の死亡率の予測因子となる。
Category:
2017年01月19日(木) 担当:田内恵理子(後期研修医)
Reference:
Title:
Low-Protein Diets in Diabetic Chronic Kidney Disease (CKD) Patients: Are They Feasible and Worth the Effort?
Author:
Piccoli GB
DATA:
Nutrients. 2016 Oct 21;8(10). pii: E649.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27775639
Discussion:
同等の疾存疾患があるCKD患者のうち、DM、非DM患者でたんぱく質制限食の効果は同等であった。
糖尿病性腎症患者は、腎代替療法の開始を遅らせるために、たんぱく質制限食を始めるときに、多くの選択肢から選ぶシステムを使えるようにする必要があると考えられる。
Category:
2017年01月18日(水) 担当:林理穂(後期研修医)
Reference:
Title:
Strong topical steroid, NSAID, and carbonic anhydrase inhibitor cocktail for treatment of cystoid macular edema.
Author:
Asahi MG
DATA:
Int Med Case Rep J. 2015 Dec 1;8:305-12. doi: 10.2147/IMCRJ.S92794. eCollection 2015.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26664246
Discussion:
CMEの病因には炎症のメカニズムが根底にある。ステロイド、NSAID、CA2は作用は異なるが炎症の原因となるP6を阻害することによって、CMEの改善につながると考えられる。
Category: