モーニングレクチャー

2016年07月

2016年07月04日(月) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
Microvascular Outcomes in Patients with Type 2 Diabetes Treated with Vildagliptin vs. Sulfonylurea: A Retrospective Study Using German Electronic Medical Records.
Author:
Kolaczynski WM
DATA:
Diabetes Ther. 2016 Jun 4.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27262995
Discussion:
Vildagliptin治療はSU治療に比べて、細小血管合併症の低下に関連する。特に神経症、網膜症の発症を低下させる。
Category:
2016年07月02日(土) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
ACE-inhibitors versus angiotensin receptor blockers for prevention of events in cardiovascular patients without heart failure - A network meta-analysis.
Author:
Ricci F
DATA:
Int J Cardiol. 2016 Aug 15;217:128-34. doi: 10.1016/j.ijcard.2016.04.132. Epub 2016 Apr 29.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27179902
Discussion:
従来、ARBはACE阻害薬と比較し、同程度の血圧低下に関わらず心血管イベント抑制効果があるといわれていたが、今回もメタアナライシスでは心不全を有さない心血管イベントリスクのある患者において、DM、MI発症・死亡等の項目において有意差が認めなかった。
ただ一概にARB・ACE阻害薬といってもそれぞれの薬剤の分子的構造は異なり、その違いにより半減期や作用機序も異なるため、比較はやはり難しいと考えられる。
Category:
2016年07月01日(金) 担当:近藤有一郎(後期研修医)
Reference:
Title:
Heart failure and mortality outcomes in patients with type 2 diabetes taking alogliptin versus placebo in EXAMINE: a multicentre, randomised, double-blind trial.
Author:
Zannad F
DATA:
Lancet. 2015 May 23;385(9982):2067-76. doi: 10.1016/S0140-6736(14)62225-X. Epub 2015 Mar 10.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25765696
Discussion:
急性冠症候群既往患者で、アログリプチンが心不全発症リスクを増加しなかった。
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ