モーニングレクチャー

2016年06月

2016年06月15日(水) 担当:髙木聡(後期研修医)
Reference:
Title:
Smoking and the Risk of LADA: Results From a Swedish Population-Based Case-Control Study.
Author:
Rasouli B
DATA:
Diabetes Care. 2016 May;39(5):794-800. doi: 10.2337/dc15-2348.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27208379
Discussion:
喫煙者においてLADAのリスク低減は認めなかった。さらに重喫煙がインスリン抵抗性の上昇を通じてLADAのリスクを上昇させるかもしれない。
Category:
2016年06月14日(火) 担当:
Reference:
Title:
Clinically significant chronic liver disease in people with Type 2 diabetes: the Edinburgh Type 2 Diabetes Study.
Author:
Morling JR
DATA:
QJM. 2016 Apr;109(4):249-56. doi: 10.1093/qjmed/hcv191. Epub 2015 Oct 9.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26454513
Discussion:
・他の研究と比べてFigere1Aのみでなく、Table3の○の項目(ALT以外の肝酵素↑、NASHのマーカー、肝線維化のマーカー)を加えることで有病率50%上昇した。
・インスリンは肝臓の星状細胞を増殖させ、コラーゲン合成を刺激することで肝の線維化を促進させる。2型DMやインスリン治療での高インスリン血症がCS-CLDのリスクファクターになる。
・肥満とアルコールは元々知られているリスクファクターだが、脂肪肝は統計的にリスクファクターとしての有用性は低い。
Category:
2016年06月13日(月) 担当:柳澤慶香(講師)
Reference:
Title:
Maternal age and adverse pregnancy outcome: a cohort study.
Author:
Khalil A
DATA:
Ultrasound Obstet Gynecol. 2013 Dec;42(6):634-43. doi: 10.1002/uog.12494.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23630102
Discussion:
加齢は流産、pre-eclampsia、SGA児、GDM、帝王切開の危険因子となるが、各々の妊婦の周産期合併症のリスクを考える時は、他の母体因子も考慮すべきである。
Category:
2016年06月11日(土) 担当:保科早里(助教)
Reference:
Title:
Metabolic and hormonal response to intermittent high-intensity and continuous moderate intensity exercise in individuals with type 1 diabetes: a randomised crossover study.
Author:
Bally L
DATA:
Diabetologia. 2016 Apr;59(4):776-84. doi: 10.1007/s00125-015-3854-7. Epub 2016 Jan 6.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26739816
Discussion:
IはCに比べてブドウ糖摂取が少ない量で血糖が維持された。
これは肝からの糖新生、筋肉のグリコーゲン使用量によるものでもなかった。
Iにおいてグルコース消費が少なくなるのは、その代替物質があることを示唆する。
Category:
2016年06月10日(金) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Glucose Variability in a 26-Week Randomized Comparison of Mealtime Treatment With Rapid-Acting Insulin Versus GLP-1 Agonist in Participants With Type 2 Diabetes at High Cardiovascular Risk.
Author:
FLAT-SUGAR Trial Investigators.
DATA:
Diabetes Care. 2016 Jun;39(6):973-81. doi: 10.2337/dc15-2782. Epub 2016 Apr 19.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27208320
Discussion:
心血管疾患や脳血管疾患のリスクの高い、羅病期間の長い2型糖尿病患者を母集団において、短時間作用型GLP作動薬(エキセナチド)は即効型インスリンに対して血糖変動を減少させた。
Category: