モーニングレクチャー

2016年06月

2016年06月23日(木) 担当:馬場園哲也(准教授)
Reference:
Title:
Empagliflozin and Progression of Kidney Disease in Type 2 Diabetes.
Author:
Wanner C1, et al
DATA:
N Engl J Med. 2016 Jun 14.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27299675
Discussion:

SGLT-2阻害薬であるempagliflozin2型糖尿病患者における約4年間のeGFR低下や顕性アルブミン尿への進展を有意に抑制した.

Category:
2016年06月22日(水) 担当:森友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Increased Burden of Cerebral Small Vessel Disease in Patients With Type 2 Diabetes and Retinopathy.
Author:
Sanahuja J
DATA:
Diabetes Care. 2016 Jun 8. pii: dc152671.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27281772
Discussion:
・DRの存在は重症SVDと関連がある。
・DRが重症であるほどSVDも重症となる。
・MCAのPIもDRのの存在・重症度に伴って上昇する。
・SVD存在・重症度とPIの間に正の相関がある。
→DMの細小血管障害の1つに脳のSVDを加えることMRIを用いた評価が有用であると考えられた。
Category:
2016年06月21日(火) 担当:入村泉(助教)
Reference:
Title:
Long-term Outcomes for Living Pancreas Donors in the Modern Era.
Author:
Kirchner VA
DATA:
Transplantation. 2016 Jun;100(6):1322-8. doi: 10.1097/TP.0000000000001250.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27203593
Discussion:
・生体膵腎同時移植の長期生着率は良好である。
・ドナーの糖尿病発症を低くするためにも選択が重要。
Category:
2016年06月17日(金) 担当:小田友里(後期研修医)
Reference:
Title:
Role and Determinants of Adherence to Off-loading in Diabetic Foot Ulcer Healing: A Prospective Investigation.
Author:
Crews RT
DATA:
Diabetes Care. 2016 Aug;39(8):1371-7. doi: 10.2337/dc15-2373. Epub 2016 Jun 6.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27271185
Discussion:
糖尿病足潰瘍の治癒と免荷アドヒアランスには相関があることがわかった。免荷アドヒアランスを低下させる因子として体勢の不安定性があり、免荷具を選ぶ際に留意する必要がある。
Category:
2016年06月16日(木) 担当:宇治原典子(准教授)
Reference:
Title:
HDL Cholesterol as a Residual Risk Factor for Vascular Events and All-Cause Mortality in Patients With Type 2 Diabetes.
Author:
Sharif S
DATA:
Diabetes Care. 2016 May 23. pii: dc160155.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27222511
Discussion:
LDLコレステロールが良好にコントロールされている2型糖尿病患者においてHDLコレステロール低値が残留リスクファクターなのかを検討することを目的に前向きコホート研究をおこなった。
全例での解析では7年間の追跡で心筋梗塞のみHDLC低値と関連したが、それ以外の心イベントや総死亡とHDLC低値との関連は認められなかった。しかし、LDLCの層別解析では、2.0mmol/l以下の群では反してHDLC高値が心血管イベントとの総死亡のリスクファクターであった。
LDLC2.0-2.5mmol/lの群では、HDLC高値は心血管リスクを軽減させた。
Category: