モーニングレクチャー
その他
2018年08月09日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Trends in cause-specific mortality among adults with and without diagnosed diabetes in the USA: an epidemiological analysis of linked national survey and vital statistics data.
Author:
Gregg EW
DATA:
Lancet. 2018 Jun 16;391(10138):2430-2440. doi: 10.1016/S0140-6736(18)30314-3. Epub 2018 May 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29784146
Discussion:
1985-2015年の米国成人における糖尿病有無による死亡調査を行った。糖尿病患者では、血管疾患による死亡率が低下が、死亡原因の多様化をもたらしてきている。このことは、より広い範囲の糖尿病関連疾患の罹患率の疫学的モニタリングを行い、それをもとに予防アプローチをしていく必要がある。
Category:
その他
2018年08月04日(土) 担当:田内恵理子(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Sarcopenia and relationships between muscle mass, measured glomerular filtration rate and physical function in patients with chronic kidney disease stages 3-5.
Author:
Zhou Y
DATA:
Nephrol Dial Transplant. 2018 Feb 1;33(2):342-348. doi: 10.1093/ndt/gfw466.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28340152
Discussion:
  • ステージ 3 - 5 の CKD 患者において、徐脂肪量特に四肢の骨格筋の量の喪失は、GFR の低下と有意に関連していた。
  • バランスと筋力という重要なマーカーは、筋肉量と有意に関連していた。
  • 腎機能低下のある患者において、男性は女性よりもサルコペニアになりやすい傾向を認めた。
Category:
その他
2018年08月03日(金) 担当:関 康文(助教)
Reference:
Title:
Localization of Insulinoma Using 68Ga-DOTATATE PET/CT Scan.
Author:
Nockel P
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2017 Jan 1;102(1):195-199. doi: 10.1210/jc.2016-3445.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27805844
Discussion:
68Ga-DOTATATE PET/CT は非侵襲的で、インスリンノーマの多くを検出できることが示された。複数の検査をしても局在診断できない症例で 68Ga-DOTATATE PET/CT の実施が検討される。
Category:
その他
2018年07月06日(金) 担当:岩﨑直子(成人医学センター・教授)
Reference:
Title:
Impact of Insulin and Metformin versus Metformin alone on  cell function in youth with Impaired Glucose Tolerance or recently diagnosed Type 2 Diabetes.
Author:
RISE Consortium Nadeau KJ
DATA:
Diabetes Care. 2018 Aug;41(8):1717-1725. doi: 10.2337/dc18-0787. Epub 2018 Jun 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29941500
Discussion:

IGTもしくは診断されたばかりのT2Dの若者を対象に1年間の薬物介入を行い、β細胞機能について評価した米国の研究。対象は91名(10-19歳)、IGT54名、T2D37名。最初3ヵ月はグラルギンを使用し、残り9ヵ月はメトホルミンを使用する群と、12か月メトホルミンのみを継続する群の2つに分け、開始時、介入中止時(12か月後)および中止3ヵ月後に高血糖クランプによってβ細胞機能とインスリン感受性を評価した。結果は両群ともに、β細胞機能もインスリン感受性も低下していた。BMI36台のティーンエージャーに薬物介入だけ行っても好ましい結果をもたらさないという興味深い結果である。体重に関しては終了時は不変であったが、3ヵ月後には増加していた。

Category:
その他
2018年07月04日(水) 担当:沈 卓(後期研修医)
Reference:
Title:
The Presence of Diabetes and Higher HbA1c Are Independently Associated With Adverse Outcomes After Surgery.
Author:
Yong PH
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jun;41(6):1172-1179. doi: 10.2337/dc17-2304. Epub 2018 Mar 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29581095
Discussion:
54 歳以上の外科入院患者の 1 / 3 は糖尿病を罹患し、糖尿病と HbA1c 高値は術後有害障害事象の独立危険因子である。
Category:
その他