モーニングレクチャー
2型糖尿病
2018年11月09日(金) 担当:秋山彩香(後期研修医)
Reference:
Title:
Combined effect of glycemic and blood pressure control on diabetic retinopathy among Chinese with type-2 diabetes mellitus.
Author:
Pan CW
DATA:
Diabetol Metab Syndr. 2018 Oct 1;10:73. doi: 10.1186/s13098-018-0377-7. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30302129
Discussion:
HbA1C または血圧のどちらかのみを低下させることは DR の有意な減少に関連しませんが、2つの低下を組み合わせることは、DR の可能性を 43 % 低下させることを実証しました。
標準療法の目標値よりも低く収縮期血圧、HbA1Cを降下させることは、T2DM 患者における DR び罹患率の低下と有意に関連していました。
継続的に糖尿病と血糖、血圧の関連性についてさらに調査する必要があります。
2018年11月02日(金) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Management of Hyperglycemia in Type 2 Diabetes, 2018. A Consensus Report by the American Diabetes Association (ADA) and the European Association for the Study of Diabetes (EASD).
Author:
Davies MJ
DATA:
Diabetes Care. 2018 Oct 4. pii: dci180033. doi: 10.2337/dci18-0033. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30291106
Discussion:

SGLT2阻害薬やGLP‒1受容体作動薬などの臓器保護効果を検証した,最近の大規模臨床試験の結果に基づくADAEASD による新しい「高血糖管理に関するコンセンサスレポート」である.

2018年11月01日(木) 担当:花井豪(講師)
Reference:
Title:
Cardiovascular and Renal Outcomes With Canagliflozin According to Baseline Kidney Function.
Author:
Neuen BL
DATA:
Circulation. 2018 Oct 9;138(15):1537-1550. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.118.035901.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29941478
Discussion:

CVD 既往を有する、または CVD 発症リスクの高い 2 型糖尿病患者において、カナグリフロジンの腎・CV イベント抑制に対する benefit は腎機能低下症例においても(少なくとも eGFR 30 までは)変わらない。

2018年10月29日(月) 担当:鈴木美香子(前期研修医)
Reference:
Title:
Diabetic Nephropathy after Kidney Transplantation in Patients with Pre-transplantation Type II Diabetes: A Retrospective Case Series Study from a High-Volume Center in the United States.
Author:
Cimeno A
DATA:
Clin Transplant. 2018 Oct 16:e13425. doi: 10.1111/ctr.13425. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30326148
Discussion:
2 型糖尿病患者に DN が発症した時、腎移植後おおよそ 4 年であった。患者の 75 % が腎移植後 10 年間、糖尿病腎症の再発なく経過していることが推定された。
また、生体腎より献腎のほうが移植後の糖尿病腎症の再発期間が短く、これはドナーの要因(年齢や病歴、クレアチニン、冷阻血時間の移植片への影響)が糖尿病腎症発症を早めているのかもしれないと示唆された。
今後、プロトコル生検を定期的に施行する前向き研究を行うことは、糖尿病腎症再発または進行予防となり臨床判断のために重要なデータとなるだろう。
2018年10月26日(金) 担当:新井里子(後期研修医・消化器内科)
Reference:
Title:
A dietary intervention with functional foods reduces metabolic endotoxaemia and attenuates biochemical abnormalities by modifying faecal microbiota in people with type 2 diabetes.
Author:
Medina-Vera I
DATA:
Diabetes Metab. 2018 Sep 25. pii: S1262-3636(18)30175-7. doi: 10.1016/j.diabet.2018.09.004. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30266575
Discussion:
食物繊維、ポリフェノールを豊富に含み、植物性タンパク質をベースとした食事を長期間摂取することにより、腸内細菌叢の組成が改善し、血糖コントロール、脂質異常症、炎症の改善のための潜在的な治療となる可能性が示された。