モーニングレクチャー
2型糖尿病
2020年01月17日(金) 担当:井出 理沙(助教)
Reference:
Title:
Use of professional-mode flash glucose monitoring, at 3-month intervals, in adults with type 2 diabetes in general practice (GP-OSMOTIC): a pragmatic, open-label, 12-month, randomised controlled trial.
Author:
Furler J
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2020 Jan;8(1):17-26. doi: 10.1016/S2213-8587(19)30385-7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31862147
Discussion:
2型糖尿病患者を3か月毎に医療者用フラッシュグルコースモニタリングを装着する群と対照群に割り付け、12か月観察したところ HbA1c はフラッシュグルコースモニタリング 群と対照群で有意差を認めなかったが、Time in range はフラッシュグルコースモニタリング群で有意に改善した。

2019年12月17日(火) 担当:鈴木 智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Sex Difference in Effects of Low-Dose Aspirin on Prevention of Dementia in Patients With Type 2 Diabetes: A Long-term Follow-up Study of a Randomized Clinical Trial.
Author:
Matsumoto C
DATA:
Diabetes Care. 2019 Dec 4. pii: dc191188. doi: 10.2337/dc19-1188. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31801787
Discussion:
低容量アスピリンは女性 2 型糖尿病患者の認知症のリスクを減らす可能性が示唆された。
2019年11月29日(金) 担当:川崎 真央(初期研修医)
Reference:
Title:
Factors associated with stillbirth in women with diabetes.
Author:
Mackin ST
DATA:
Diabetologia. 2019 Oct;62(10):1938-1947. doi: 10.1007/s00125-019-4943-9. Epub 2019 Jul 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31353418
Discussion:
  • 母体の血糖値とBMIは死産に関連する重要な修正可能な危険因子である
  • SGAやLGAなど極端な体重の赤ちゃんは死産に限らず様々なリスクがある
  • 多くの死産は満期時に発生しており、リスクのある妊娠のより正確な予測が可能になるまで、早産は魅力的な選択肢と考えられるかもしれない
2019年11月19日(火) 担当:菅野 宙子(臨床検査科・助教)
Reference:
Title:
Dairy fat intake and risk of type 2 diabetes in 3 cohorts of US men and women.
Author:
Ardisson Korat AV
DATA:
Am J Clin Nutr. 2019 Nov 1;110(5):1192-1200. doi: 10.1093/ajcn/nqz176.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31414137
Discussion:
3つのコホート試験における乳脂肪摂取量と2型糖尿病発症リスクの関連についての検討。
乳脂肪摂取量は、炭水化物摂取と比較しT2DMリスクに関連付けられなかった。
乳脂肪を全粒穀物炭水化物に置き換えることはT2DMリスク低下と関連した。
他の動物性脂肪または精製炭水化物との置き換えは、リスクが高くなった。

Category:
2型糖尿病
2019年11月09日(土) 担当:東 晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Influence of time of day of blood pressure-lowering treatment on cardiovascular risk in hypertensive patients with type 2 diabetes.
Author:
Hermida RC
DATA:
Diabetes Care. 2011 Jun;34(6):1270-6. doi: 10.2337/dc11-0297.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21617110
Discussion:
就寝前に降圧剤を少なくとも 1 剤内服することで、心血管イベントを減少することが可能と示された。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ