モーニングレクチャー
2型糖尿病
2017年07月13日(木) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Effectiveness of a targeted lifestyle intervention in primary care on diet and physical activity among South Asians at risk for diabetes: 2-year results of a randomised controlled trial in the Netherlands.
Author:
Vlaar EMA
DATA:
BMJ Open. 2017 Jul 2;7(6):e012221. doi: 10.1136/bmjopen-2016-012221.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28674122
Discussion:
Culturally targetted なライフスタイル介入は、ドロップアウト率が高く、DM のリスクをもつ、オランダ在住の南アジア系の人種にとっては健康的な習慣を促進するのに効果的ではなかった。もっとアクセスの良い、健康習慣促進のための新たな戦略を開発する必要がある。
2017年07月04日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of diet-induced weight loss on lipoprotein(a) levels in obese individuals with and without type 2 diabetes.
Author:
Berk KA
DATA:
Diabetologia. 2017 Jun;60(6):989-997. doi: 10.1007/s00125-017-4246-y. Epub 2017 Apr 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28386638
Discussion:
食事による体重減少は2型糖尿病の有無に関わらずリポタンパク質(a)は有意に上昇したが、肥満手術を受けた患者では有意に増加しなかった。
これは、食事による体重減少が心機能を低下させる可能性がある。
今後はリポタンパク質(a)低下剤を内服し、肥満患者の CVD が改善するか追跡調査が必要である。
2017年07月01日(土) 担当:松本諭(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy and safety of glucagon-like peptide-1 receptor agonists in non-alcoholic fatty liver disease: A systematic review and meta-analysis.
Author:
Dong Y
DATA:
Clin Res Hepatol Gastroenterol. 2017 Jun;41(3):284-295. doi: 10.1016/j.clinre.2016.11.009. Epub 2017 Jan 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28065744
Discussion:
GLP-1 作動薬は肝の組織を改善させることで NASH へ効果を示す可能性が推察された。
Category:
2型糖尿病
2017年06月27日(火) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Plasma Biomarkers and Kidney Function Decline in Early and Established Diabetic Kidney Disease.
Author:
Coca SG
DATA:
J Am Soc Nephrol. 2017 May 5. pii: ASN.2016101101. doi: 10.1681/ASN.2016101101. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28476763
Discussion:
2型糖尿病患者における血漿 TNFR-1、TNFR-2、KIM-1 濃度は、早期または進行した腎症患者の eGFR 低下リスクに対する孤立した予測因子であり、これらを加えることで腎機能低下に対する予測能を有意に向上させた。
2017年06月22日(木) 担当:田巻恵(前期研修医)
Reference:
Title:
Normal meal tolerance test is preferable to the glucagon stimulation test in patients with type 2 diabetes that are not in a hyperglycemic state: Comparison with the change of C-peptide immunoreactivity.
Author:
Fujioka Y
DATA:
J Diabetes Investig. 2017 May 11. doi: 10.1111/jdi.12692. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28494143
Discussion:
NMTT は2型糖尿病患者が高血糖状態(空腹時血糖 147mg/dL 以上、HbA1c 9.0% 以上)でない場合では、インスリン分泌テストとして簡便で有用である。