モーニングレクチャー
2型糖尿病
2018年05月18日(金) 担当:吉田直史(助教)
Reference:
Title:
Increased sugar intake as a form of compensatory hyperphagia in patients with type 2 diabetes under dapagliflozin treatment.
Author:
Horie I
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2018 Jan;135:178-184. doi: 10.1016/j.diabres.2017.11.016. Epub 2017 Nov 21.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29162514
Discussion:
SGLT 2 阻害薬内服中の 2 型糖尿病患者において簡易型自記式食事歴質問票( BDHQ )を用いて、特定の栄養摂取データを含むカロリー摂取について評価した。
総カロリーおよび三大栄養素の有意な増加はみられなかったが、ダパグリフロジンにおけるスクロース( 蔗糖 )摂取量はベースラインと比較し約 1.6 倍増加した。
2018年05月15日(火) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Switching from low-dose thiazide diuretics to sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor improves various metabolic parameters without affecting blood pressure in patients with type 2 diabetes and hypertension.
Author:
Kimura T
DATA:
J Diabetes Investig. 2017 Nov 7. doi: 10.1111/jdi.12774.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29110406
Discussion:

31名の2型糖尿病患者に対し,少量のサイアザイド利尿薬をSGLT2阻害薬のイプラグリフロジンへ変更したところ,3ヶ月後に血圧は不変であり,空腹時血糖,HbA1c,尿酸値は有意に低下,BMIと内臓脂肪面積は有意に減少した.

2018年05月12日(土) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Risk of Type 2 Diabetes Among Lesbian, Bisexual, and Heterosexual Women: Findings From the Nurses' Health Study II.
Author:
Corliss HL
DATA:
Diabetes Care. 2018 May 2. pii: dc172656. doi: 10.2337/dc17-2656. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29720541
Discussion:
Lesbian および bisexual の女性( 特に若年 )は、2 型糖尿病の罹患率が heterosexual 女性に比べて有意に高かった。BMI が高値であることがこの差に寄与している。
2018年05月10日(木) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Association Between Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors, Glucagon-like Peptide 1 Agonists, and Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitors With All-Cause Mortality in Patients With Type 2 Diabetes: A Systematic Review and Meta-analysis.
Author:
Zheng SL
DATA:
JAMA. 2018 Apr 17;319(15):1580-1591. doi: 10.1001/jama.2018.3024.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29677303
Discussion:

2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬,GLP-1受容体作動薬およびDPP-4阻害薬の臨床的効果をネットワークメタ回帰分析という手法を用いて比較検討した結果, SGLT2阻害薬およびGLP-1受容体作動薬は, DPP-4阻害薬およびプラセボ(または非投与)に比べて全死亡,心血管死亡率および心不全発症数が有意に低いという結果であった.

2018年04月28日(土) 担当:清水美佳(後期研修医)
Reference:
Title:
Incidence, Demographics, and Clinical Characteristics of Diabetes of the Exocrine Pancreas (Type 3c): A Retrospective Cohort Study.
Author:
Woodmansey C
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov;40(11):1486-1493. doi: 10.2337/dc17-0542. Epub 2017 Aug 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28860126
Discussion:
・膵臓疾患に続いて発症する糖尿病は、血糖コントロール不良および早期インスリン治療と有意に関連付けられるが、外分泌膵臓の糖尿病としては稀にしか識別されない。
・臨床医は、最初に糖尿病に罹患したときに患者が膵臓病の病歴を有するかどうかを明らかにし、外分泌膵臓の糖尿病の診断を考慮に入れる必要がある。