モーニングレクチャー
2型糖尿病
2019年04月23日(火) 担当:久保田 諒(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Glucose Improvement on Spirometric Maneuvers in Patients With Type 2 Diabetes: The Sweet Breath Study.
Author:
Gutiérrez-Carrasquilla L
DATA:
Diabetes Care. 2019 Apr;42(4):617-624. doi: 10.2337/dc18-1948. Epub 2019 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30705064
Discussion:
今回、短期での HbA1c の改善が一秒率やピークフローを上昇させることが示された。
良好な血糖コントロールは、呼吸機能、生命予後に良い影響を及ぼす可能性がある。
2019年04月08日(月) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Effect of Additional Oral Semaglutide vs Sitagliptin on Glycated Hemoglobin in Adults With Type 2 Diabetes Uncontrolled With Metformin Alone or With Sulfonylurea: The PIONEER 3 Randomized Clinical Trial.
Author:
Rosenstock J
DATA:
JAMA. 2019 Mar 23. doi: 10.1001/jama.2019.2942. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30903796
Discussion:
  • 経口セマグルチド7mgおよび14 mg/dayは、メトホルミンで血糖コントロールが不十分な2型糖尿病の成人で、SUの有無にかかわらず、シタグリプチンと比べて、26週間にわたりHbA1cを有意に減少させたが、3mg/dayの用量では有意差は認めなかった。

  • 実臨床下での有効性評価のさらなる検討が必要である。

     

2019年04月02日(火) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Seasonal Variations in the Achievement of Guideline Targets for HbA1c, Blood Pressure, and Cholesterol Among Patients With Type 2 Diabetes: A Nationwide Population-Based Study (ABC Study JDDM49).
Author:
Sakamoto M
DATA:
Diabetes Care. 2019 Feb 10. pii: dc181953. doi: 1.2337/dc18-1953. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30739885
Discussion:
2 型糖尿病患者において、HbA1c 、血圧、脂質のコントロールの達成率は季節によって変動があり冬に最も低く、治療マネジメントで考慮すべきである。
2019年03月30日(土) 担当:東 晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Statin Therapy With Prevention of Vision-Threatening Diabetic Retinopathy.
Author:
Kang EY
DATA:
JAMA Ophthalmol. 2019 Jan 10. doi: 10.1001/jamaophthalmol.2018.6399. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30629109
Discussion:
スタチン治療により、脂質異常症を合併した2型糖尿病患者において、網膜症の進行を抑えることが出来る。
2019年03月29日(金) 担当:前田 有貴子(前期研修医)
Reference:
Title:
Risk factors for developing dementia in type 2 diabetes mellitus patients with mild cognitive impairment.
Author:
Albai O
DATA:
Neuropsychiatr Dis Treat. 2019 Jan 3;15:167-175. doi: 10.2147/NDT.S189905. eCollection 2019.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30655669
Discussion:
2型糖尿病患者のうち軽度認知機能低下は認知症になりやすく、定期的に認知機能を評価されるべきである。MMSEを定期的に行うことで軽度認知機能低下の早期発見が可能となる。また認知機能低下を予防するには血糖コントロールと糖尿病の管理全般が大切だ。