モーニングレクチャー
2型糖尿病
2018年01月10日(水) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk Assessment in Patients With Diabetes With the TIMI Risk Score for Atherothrombotic Disease.
Author:
Bergmark BA
DATA:
Diabetes Care. 2017 Dec 1. pii: dc171736. doi: 10.2337/dc17-1736. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29196298
Discussion:
心血管イベントの既往またはリスクのある 2 型糖尿病患者において、「 2 次予防のための TIMI risk score ( TRS 2°P ) 」は心血管イベント予測のスコアリング法として有用である。
2018年01月06日(土) 担当:松尾純治(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Disease, Cancer, and Mortality Among People With Type 2 Diabetes and Alcoholic or Nonalcoholic Fatty Liver Disease Hospital Admission.
Author:
Wild SH
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov 22. pii: dc171590. doi: 10.2337/dc17-1590. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29167212
Discussion:
2 型糖尿病患者における ADL、NAFLD は CVD、癌、死亡率の上昇と関連のある、独立した因子である。
2017年12月22日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Hemoglobin A1c Variability Predicts Symptoms of Depression in Elderly Individuals With Type 2 Diabetes.
Author:
Ravona-Springer R
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1187-1193. doi: 10.2337/dc16-2754. Epub 2017 Jun 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28634202
Discussion:
2 型糖尿病患者では、HbA1c の変動性がうつ病を予測する際の指標になりうる可能性がある。
2017年12月21日(木) 担当:山岸沙衣(前期研修医)
Reference:
Title:
Liraglutide and Renal Outcomes in Type 2 Diabetes.
Author:
Mann JFE
DATA:
N Engl J Med. 2017 Aug 31;377(9):839-848. doi: 10.1056/NEJMoa1616011.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28854085
Discussion:
腎転帰についての副次的解析の結果、標準治療にリラグルチドを追加した場合、心血管リスクのある 2 型糖尿病患者において、リラグルチドは、プラセボに比べ主に持続性顕性アルブミン尿の新規発症を減らすことで、複合的な腎転帰の発症を減らすことを示された。
Category:
2型糖尿病
2017年12月08日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医)
Reference:
Title:
Comparison of the effects of diets high in animal or plant protein on metabolic and cardiovascular markers in type 2 diabetes: A randomized clinical trial
Author:
Sucher S
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2017 Jul;19(7):944-952. doi: 10.1111/dom.12901. Epub 2017 Mar 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28181738
Discussion:
高たんぱく食により BMI、コレステロール値、尿酸値は減少するが、タンパク質の種類による臨床パラメータへの影響の差は見られたのは尿酸値のみであった。

高たんぱく食によるインスリン抵抗性の改善は認められなかった。