モーニングレクチャー
2型糖尿病
2018年09月08日(土) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Trends in Hospital Admission for Diabetic Ketoacidosis in Adults With Type 1 and Type 2 Diabetes in England, 1998-2013: A Retrospective Cohort Study.
Author:
Zhong VW
DATA:
Diabetes Care. 2018 Sep;41(9):1870-1877. doi: 10.2337/dc17-1583. Epub 2018 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29386248
Discussion:
  • England の成人糖尿病では、1 型糖尿病の糖尿病ケトアシドーシス( DKA )での入院は多いままであり、2 型糖尿病の DKA での入院は増加傾向にある。
  • DKA の予防、再入院率、死亡率に影響ある因子の検索についての研究が求められる。
2018年08月31日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Usefulness of CA 19-9 for pancreatic cancer screening in patients with new-onset diabetes.
Author:
Choe JW
DATA:
Hepatobiliary Pancreat Dis Int. 2018 Jun;17(3):263-268. doi: 10.1016/j.hbpd.2018.04.001. Epub 2018 Apr 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29752133
Discussion:
新規発症の 2 型糖尿病患者において、CA 19 - 9 は特に高ビリルビン血症を有する場合、膵癌の有用なマーカーとなりうる。
Category:
2型糖尿病その他
2018年08月30日(木) 担当:伊藤太一(前期研修医)
Reference:
Title:
Lactation Duration and Progression to Diabetes in Women Across the Childbearing Years: The 30-Year CARDIA Study.
Author:
Gunderson EP
DATA:
JAMA Intern Med. 2018 Mar 1;178(3):328-337. doi: 10.1001/jamainternmed.2017.7978.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29340577
Discussion:
授乳期間は女性の糖尿病発症率減少に関連する独立した因子であることが示唆された。
しかし、この関係の機序を明らかにするには、さらなる研究が必要である。
Category:
2型糖尿病妊娠その他
2018年08月25日(土) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of dapagliflozin and n-3 carboxylic acids on non-alcoholic fatty liver disease in people with type 2 diabetes: a double-blind randomised placebo-controlled study.
Author:
Eriksson JW
DATA:
Diabetologia. 2018 Sep;61(9):1923-1934. doi: 10.1007/s00125-018-4675-2. Epub 2018 Jul 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29971527
Discussion:
SGLT2阻害薬とn-3脂肪酸の併用は,肝臓脂肪含有量を低下させることによって, NAFLDの進展予防に効果的である可能性がある.
2018年08月23日(木) 担当:石居 真(前期研修医)
Reference:
Title:
Sulfonylureas as second line drugs in type 2 diabetes and the risk of cardiovascular and hypoglycaemic events: population based cohort study.
Author:
Douros A
DATA:
BMJ. 2018 Jul 18;362:k2693. doi: 10.1136/bmj.k2693.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30021781
Discussion:
メトホルミンの単剤治療を続けている患者に比べ、第 2 選択薬に SU を追加または変更した場合は、心筋梗塞、総死亡、重症低血糖のリスクが上昇する。
SU はメトホルミンに追加する方が、メトホルミンから切り替えるより安全であることも示唆された。